2018 釜山② 1日目夕食「念願の初コプチャン」!


プサン旅行記の続きです。


初プサン1日目のお昼ご飯の後は、プサンの海鮮市場「チャガルチ市場」へ。
先ほどお昼ご飯を食べたばっかりの私たちはここでは市場見学だけにして、
お土産の大好物「かわはぎの干物」を購入。
ところが、帰国してから気が付いたのですが、
私達が行ったのは「チャガルチ市場」では無かった!?のでした。笑




そんなこんなで2時間ほど時間をつぶしてから、さっそく(もう?)晩ご飯を食べよう!と言うことで、
この近くの「コプチャン通り」に向いました。
「コプチャン」とは「ホルモン焼き」の事ですが、以前この「コプチャン通り」をTVの番組で観て、
©と「行ってみたいね~」と言っていた所です。


「コプチャン通り」と言っても、5~6件お店があるだけだと思うのですが、面白いのは1軒のお店の中に、
カウンターみたいなのが4~6個あって、それぞれ別のお店になっています。
言ってみれば、屋台村?のような。
まだ時間が早かったので、お客さんもほとんど居なくて、オモニの客引きがすごい。笑
その中で予め決めていたお店に入るとやはり私達が1番客だったのですが、おかげでゆっくりできました。










f0313330_01370756.jpg

「コプチャン(ホルモン)塩焼き」



メニューは3つだけ。
「ソグムクイ(塩焼き)」「ヤンニョムクイ(韓国)味噌焼き」「ポックンパ(焼きめし)」


まずは、「塩焼き」から。
とっても控え目で親切なオモニが、その中から「ミノ」だけを最初に焼いてくれます。













f0313330_01380163.jpg

「タレ」



絶妙に焼いてくれた「ミノ」を「胡麻」「ニンニク」「醤油」「ゴマ油」「お酢」
合わせた「タレ」に付けて、念願の「初コプチャン」!
さぁ~、いただきま~す♥


ん~~~まい!

さすがに、旨い。













f0313330_01375288.jpg


「丸チョウ」「ハツ」「テッチャン」



「ミノ」を食べると、今度は残りのコプチャンを焼いてくれます。
脂が多く出てくると、オモニが丁寧に切り取ってくれます。

オープンキッチン?なので、オモニが用意する所を見ることができるのですが、
冷蔵庫から取り出した「ホルモン」はとってもきれいで、見るからに新鮮そのもの。
まぁ、実はお値段も日本で食べるよりはかなり高めなので、さすがに良いホルモンを使っています。

そのホルモンに、「ゴマ油」や「おろしにんにく」やらをまぶして、
隠し味は「パイナップルジュース」


この写真を見るだけでも、すでにおいしいことがわかりますね。
美味しすぎて、あっという間に完食。












f0313330_01381012.jpg


「ヤンニョム焼き」



そして、次は「ヤンニョム(韓国味噌)焼き」を注文。
これも、まずは「ミノ」から。

コチュジャンが焦げて、香ばしく、これはこれでおいし~。












f0313330_01382796.jpg


「パンチャン(付け合わせ)」


このステンレス器に入っているのは、「ムルキムチ(水キムチ)」
「水キムチ」は名前の通り、このスープごと食べるキムチで、消化を助けると言われています。
味は分かりやすく言うと、韓国冷麺のスープのような味かな。
私はこれが大好きです。













f0313330_01383778.jpg


「浅葱」「サニーレタス」「チョレギ」


ホルモンを包んで食べる葉野菜たち。

「チョレギ」は生野菜に韓国風のドレッシングを和えたものですが、これも甘酸っぱくて絶品でした。













f0313330_01384905.jpg


「ポックンパ(焼きめし)」



そして、〆の「ポックンパ」
当然、注文するよね~。



前調べでは、コプチャンを少々残しておかないとポックンパを作れないということだったのですが、
このお店では、新たな「コプチャン」少々を取り出し、焼いてから細かくハサミでカットして、
そこに、「ご飯」「エゴマの葉」「コチュジャン」を入れて焼いてくれます。
もう~、ビジュアルが、匂いが、たまりません。

焼きあがると、オモニが箱から「海苔」を出してきて、
火であぶって食べやすい大きさにカットしてくれて、さぁ出来上がりです。

あぶりたての海苔に焼きめしを包んで、いっただきまーす!!!
当然に、激うまっ、です!




もう、最近©は、「焼きめしのナンバー1はポックンパだ!」と言い切っています。
まぁ、「焼きめし」「チャーハン」と言えば、香港、北京、台湾と食べていますが、
確かに韓国の「ポックンパ」は「ナンバー1焼きめし」と言っても過言ではないな、思います。 

以上、大満足の「初コプチャン」でした。





さて、地下鉄に乗ってホテルに帰るも、プサンの夜はまだまだこれから。
と思ったのですが、あいにくの本降りの雨で、ホテルで飲み直すかということになりました。

そこで、韓国の2次会の定番と言えば、もちろんこれですよね。













f0313330_01423326.jpg



f0313330_01424196.jpg


f0313330_01425617.jpg


「フライドチキン」



そう、「フライドチキンとビール」が大定番らしいのです。
フライドチキンといっても、「1羽」が基本なので、値段は¥1700位しますが、
お持ち帰りの場合は、この様に「サラダ」「大根のピクルス」「チキンにつけるソース」「ドリンク」
まで入ってて、至れり尽くせり。


私達が注文したのは、「3種類の盛合せ」。
上から、「プレーン」「ヤンニョム味」と「ニンニク味」。

やっぱり、プレーンが1番おいしかったかな。
餅食いの©は、チキンの横の白い物体「トック(お餅)」を揚げたものがお気に入りに。



韓国の「フライドチキン」は、コアなリピーターの方が口をそろえて「おいしい」って言うだけあって、
かなりレベルが高いと思いました。
これは又食べなきゃ。













f0313330_01333579.jpg


f0313330_01335503.jpg


「パルダキム先生のキンパ」の「ツナ・キンパ」



チキンだけじゃ物足りないかなぁと思い、今韓国で人気の「パルダキム先生のキンパ」と言う、
面白い店名のキンパ屋さんで購入。
ここは、ご飯よりも具(特に野菜)が多いと女性に人気のお店だそうです。
が、飯食いの©は「普通(ご飯が多い)の方がいい」と。笑











f0313330_01340918.jpg


「マッコリ」


そして、スーパーで買った「マッコリ」で、乾杯~♪








って、
さすがに、食べきれませんでした。 ←当たり前


つづく。










7月の頒布会のケーキをUPしました!








オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp




[PR]

# by aurelie_kyoto2 | 2018-07-05 02:32 | プサン旅行記

2018 釜山① 初上陸~!「プサン」

f0313330_13113155.jpg



以前にTVで観て、気になっていた「プサン」へ行ってきました~!

今回は、飛行機も初めて乗る「ジン・エアー」。
飛行機のカラーリング同様、CAさんも若々しく、エアーカラーのポロシャツとジーンズで好印象でした。



早朝関空を出て、プサンのホテルに到着したのがお昼前。
飛行時間は、なんと 

「1時間15分」!!!  早っ!  


神戸に行くより早い。


歳とって、最近飛行時間が長いのが嫌になってきた©(4時間の香港が限界だそうです)は、ご機嫌さん❤





初プサン、右も左も分かりませんが、まずは「南浦洞」へ。

宿泊している「西面」から地下鉄に乗ろうとしたら、ソウルで使っている「T-moneyカード」が
私のはOKだけど、©のがどうしても使えず、ハングル語ができない私達が右往左往していると、
駅のボランティアのおじさんが日本語で助けて下さいました。
やっぱり、韓国。 今まで行ったことのある国の中で、1番親切な人が多い国。
カムサハムニダ~♥










f0313330_13144865.jpg

「韓国版おはぎ?」


では、「国際市場」という所へ向かいます。
よくTVで観る所ですが、お店が沢山あってにぎやかです。

まずはお昼ご飯の店に向っていたのですが、お腹がすきすぎて、
途中にあったお餅やさん?にあった「おはぎ」のようなものを買い食い。
日本のと同様に、中はもち米でした。あんこは日本よりも何割も甘さ控えめ。
中国や韓国のお菓子は、日本よりも甘くないですね。
砂糖中毒の©は「全然甘くないっ。」と少々ご不満でした。











f0313330_13114594.jpg

「スジョンジョンゴル」(海鮮鍋)


そして、チャガルチ市場エリアの細い路地を道を尋ねながら、ようやく辿りつきました。
なんせハングル読めないので、頼りは「看板のTEL番号のみ」笑
韓国あるあるですね。笑



プサンに来たら、やっぱり海鮮でしょ。と、まずは「海鮮モノ」をいただきました。
と言っても、お昼ご飯に食べるようなお手軽なもので、1人前¥1000位かな。

具材は「エビ」や「手長だこ」のぶつ切りに、「ハマグリ」や「アサリ」、「貝柱」などの「貝」が中心です。
それに、「エノキ」や「はるさめ」と「玉葱」と言ったシンプルなもの。










f0313330_13115282.jpg

「パンチャン」おかず


「わかめ煮」、「茎わかめの酢の物」、「青唐辛子」、「白菜キムチ」、「大根キムチ」、「包み味噌」
といったシンプルなラインナップですが、今写真を見るとここは「包み野菜」は出なかったのかな?











f0313330_13120517.jpg


勿論、早速「マッコリ」を注文して数分待っていると、グツグツ、グツグツ、
赤くなってきて、おいしそうです。
お腹ペコペコです。

う~ん、美味しい~♥



写真ではものすごく辛そうですが、さほどでもなく、貝の出汁が出ていて、上品な美味しさです。
具材は、ぶつ切りのエビやタコや貝なので高級感はありませんが(それでも日本だったら高級ですね)
このお値段だから仕方ありません。
プサンでは、こういうお鍋はご飯の上にこれをかけて「汁かけご飯」のようにして食べるようです。
私達も従って、ご飯にかけたりしながらいただきました。
そして、あっという間に完食。










f0313330_13121250.jpg

外に出てみると、こんなかわいい看板が。

でも、これ、注文の仕方の注意書き。

「3人で3人前の注文」は、ニコニコ。
「3人で2人前の注文」は、ニコっ。(普通)
「2人で1人前の注文」は、ダメ。
「3人で1人前の注文」は、絶対ダメ。

と言う意味でしょうか。



韓国のお店はメイン1品を注文すると「パンチャン」と呼ばれる「おかず」やら、「包み野菜」やら、
「チゲ」とか、もっと凄ければ、「ユッケ」とか「冷麺」とかが出てくるので、
基本的に「2人前」からの注文で、人数分注文するのがマナーなのです。

とっても面白くて、分かりやすいですね。











f0313330_13124016.jpg

「ホットクッ」


お腹も満たされて、この辺りをぶらぶら散歩です。
頑張ってお腹を減らさないと、晩ご飯がおいしくありません。


しかし、何やら人だかりが、、、、、
覗いてみると、これはTVでよく見る有名な「ホットクッ」ではありませんか。
行列が7~8人だったので並んでみました。











f0313330_13124868.jpg


「ホットクッ」とは、発酵した生地の中に黒砂糖を包んで、マーガリンで揚げ焼きにしたおやつですが
ここプサンのは焼きあがったものを切って、中に「ヒマワリの種」や「松の実」などの刻んだ「ナッツ」
というか、「シード(種)」を入れてくれます。









f0313330_13125889.jpg

熱々でパリパリ、サクサクした生地の中で黒砂糖が溶けて甘く、
そこにナッツの香ばしさがでて、おいしい111.png




あかん、又食べてしもた。
これでは、全然お腹減りません。



つづく。






6月の頒布会のケーキをUPしました!
毎年恒例「マンゴー・プリン」も登場です。




オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp

















[PR]

# by aurelie_kyoto2 | 2018-05-31 21:44 | プサン旅行記

2017 ソウル④ 2日目 朝ご飯&昼ご飯 食いまくりツアー

ソウル旅行記の続きです。




f0313330_00044930.jpg

「プゴクッチッ」の「プゴクッ」



さぁ、2日目がスタート!  朝ご飯を食べに行くぞ~。

以前は朝起きられなくて、朝食を食べるのが大変だったけど、
流石に私達も年をとって早起きできるようになりました。
といっても、もう10時前だけど。。。。笑



で、

ソウルの朝ごはんと言えば、ここでしょ。










f0313330_00052603.jpg



あまりにも有名な、「干し鱈のスープ」



干し鱈でとったスープの中に、干し鱈、豆腐、溶き卵、ネギが入っただけのものですが、
これが、ものすごくおいしい。

観光客の多いお店には、あまり足が向かない私達ですが、ここは別ですね。
©も大好きなお店のひとつです。










f0313330_00054031.jpg



このお店は、このメニューひとつしかないので、席に案内されると一言も発しなくても、
テーブルに「水キムチ」と「沖アミの塩辛とネギの和え物」がセットされて、
直ぐに「干し鱈スープ」と「ご飯」が出てきます。


「白菜キムチ」と「大根キムチ」と「ニラのコチュジャンあえ」は、
テーブルに備わっているポットから自分でお皿にとってたべるシステムです。




私はこのスープの味が好きなので、スープはそのまま食べますが、
キムチやニラを入れたり、「沖アミ」を入れたりして、皆さん自分の好きなように味付けして食べています。
ちなみに©は、スープにご飯をいれる「クッパ」派です。


「沖アミの塩辛とネギの和え物」は、ご飯にのせていただくそうですが、これだけでもご飯がパクパク進みます。
その上、キムチも食べ放題なんて、



なんて、朝から幸せ~♥




ホント、アジア人で良かった!
って、韓国や中国、台湾で美味しいモノを食べると、つくづく思う。




ここはいつ来ても人がいっぱいだけど、初めて来たときから店員さんもオーナーさんも
いつも親切で朝から癒されますよ。

でも、昔に比べて地元の人が少なくなったみたい。
あまりにも観光客が多くて嫌になったのかな、ってちょっと心配。
わたしたち観光客はお行儀よくして、お店や地元の方に迷惑かけないようにしたいですね。










f0313330_00061490.jpg


「バナナユウ」


4年ぶりの「プゴクッ」を堪能したら、一旦ホテルに帰って、休憩。(← もう?)
おいしいと評判の「バナナユウ」を買ってみました。
お味は、「薄めのバナナミルク」でした。








その後、恒例の「広蔵市場」巡りに行って、いつもキムチを買う「洪林」に行ってみると、
いつ行っても、やさしくして下さる親切なオーナーとマダムがいない。
その代わりに若い人が4.5人でお店に立っています。

聞いてみると、
「今、家にいます。今日は休みです。」とのこと。
明日は?と聞くと、「来ない」って。
どうも、代替わりされたみたい。 

いつも「お休みが無くて疲れた~」って言ってたから
代替わりすることが出来て、きっと肩の荷を下ろされたことでしょう。
もう会えなくてものすごく残念だったけど、ゆっくり休んでほしいですね。












f0313330_01125375.jpg

「スジョン食堂」



そうこうしていると、もう2時頃になって、お昼ご飯にしましょうってことで、「スジョン食堂」へ。
ここも庶民派の人気店ですが、入店するともう誰もいなくて私達だけ。
ランチは1種類しかないと聞いていたので、やはり座るとすぐにいろいろなものがテーブルに並びます。

「エゴマ」や「大葉」、「サンチュ」他名前も知らないような野菜がたっぷり。

パンチャン(おかず)は、
「細切り大根のキムチ」に「黒豆の煮もの」に、「ほうれん草の水キムチ」









f0313330_01135472.jpg

まだまだ出てきます。


「オデン(薄い丸天)の辛い煮つけ」、「ゆで卵の煮もの」、「いかキムチ」、
「肉みそ」、「サムジャン(包み味噌)」!!!!










f0313330_01142762.jpg

「チゲ」


あつあつで登場。  韓国のお味噌汁ですね。










f0313330_01145784.jpg

そして、ヘルシーな「五穀米のご飯」。


これだけおいしそうなおかずが並ぶと、「頼んじゃうよね~。」マッコリ1本。笑




お昼からこれだけのおかずが並ぶなんて、
つくづく「韓国の人は幸せだなぁ」と思いつつつまんでいると、、、、


ん? あれ? 
お店の人がみんな、奥で賄いを食べ始めた。

もしかして、忘れられてる?

「チョギョ~。(すみません)」と大声で呼んで、身振り手振りで伝えると、

「アッ⁉」って。 やっぱり忘れられてたみたい。
そして、慌てて厨房で作り始めました。










f0313330_01442389.jpg

「甘辛豚肉焼き」


そうなんです、この「甘辛焼き豚肉」がこの定食のメインのおかずだったんです。
真っ赤ですが、見た目ほど辛くはなくて、上にはニンニクがたっぷり。

もう、おいしくないわけはないですよね!
期待を裏切らないおいしさ!

これを上の写真にある色々な野菜の葉に包んでたべる料理なんです。
葉っぱにお肉とキムチとか、ご飯とか、これも自分の好きな様にカスタマイズ。

それにしても、すごいおかずの種類ですよね。
ご飯が全然たりません。笑
でも、韓国の人はご飯お替わりしないんだよね。笑



もう、幸せすぎる~♥








と、のんびりお昼ご飯をいただいて大満足のオーレリー家でした。








5月の頒布会のケーキをUPしました!




オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp









[PR]

# by aurelie_kyoto2 | 2018-05-02 00:00 | ソウル旅行記

2017 ソウル③ 一日目の夜食「ソウルの夜は眠らない?」

韓国ソウルの旅行記の続きです。


f0313330_20474680.jpg


f0313330_20480714.jpg


「ソウル版ベビーカステラ?」




江南エリアで晩ご飯を食べたら、お洒落エリアを散歩するでもなく、
直ぐ電車に乗って、宿泊していた明洞に帰ってきました。笑


明洞の駅に着くと、何やら甘~い匂いが。
ソウルでは地下鉄の駅の商店街に、よくこんな食べ物のお店がありますね。
「とうろろこし」の形をした、夜店で売っている「ベビーカステラ」のようです。
夜店であれば、必ず買う「ベビーカステラ」好きの私達。
さっそく買ってみました!


こんな小さな生地の中に、「カスタードクリーム」が入ってました!
中に入っているのを知らずに、「パクッ」といったので口の中を火傷した~。泣
でも、熱々焼き立てでおいしかったですよ。









f0313330_21022986.jpg


f0313330_21021827.jpg


「明洞」




一旦ホテルに帰って、さぁ、ソウルの夜はこれからだ~!


クリスマス前だったので、ロッテホテルもX'masイルミネーションでおめかし。
こんなに寒いのに、明洞は人がいっぱい。
ソウルの人は元気でエネルギッシュだな~。


と、マイナス10℃近くまで気温が下がってきた明洞を抜けて、とあるお店へ。









f0313330_21051897.jpg


「元祖緑豆」





初めて行く鍾路にある「ピンデトッ」(所謂チヂミ)のお店ですが、
ソウルの達人の方、特に吞兵衛の方に人気があるとかで、
この寒い中探し回ってやっと見つけました。 なんせハングル読めないんで。


店構えも小さく本当に分かりづらいお店でしたが、
中に入ると小さなおばあちゃんとその娘さんかな?のお二人で店を切り盛りされています。










f0313330_21053041.jpg

「海鮮ピンデトッ」



メニューが全く読めないので、噂に聞いた「海鮮ピンデトッ」を注文しました。


「海鮮」といっても、エビとイカしか入ってませんが、
見て下さい! この美しい切り口を。
ネギをたっぷりひいて、エビとイカを乗せて焼き、最後は玉子でとじてありました。


結構なボリュ―ムなのにお安くて、おいしくて、文句の付けようがなし!
おまけに「マッコリ」が1本、¥300!!!
750mlですよ!

安すぎて申し訳ないので、どんどんマッコリを注文します。
©はソウルに着いてから、もう数えきれないほど飲んでいますが、
とってもいいお店に当たってご機嫌です。

「もう、毎晩来るぞ~。日本にもこんなお店があればなぁ。」


コーヒーと飲み屋が高くて有名なソウルで貴重なお店ですね。
もう閉店前なのに、楽しそうに飲んでるお客さんでいっぱいでした。

おばあちゃんも、もう一人の女性のかたも素朴で優しいかたで、本当に良いお店でした。


ただ、土地も高くて物価も高いソウルで、このお値段でやっていくのは本当に大変だと思います。
もし行かれる方がいらっしゃったら、ここの常連さんのように沢山注文してあげて欲しいですね。

いつまでも、この場所にありますように。









f0313330_21404704.jpg

ホテルの帰り道、こんなに寒い夜なのに、屋台のそばに猫ちゃんが。


どうか、暖かい場所で眠れますように。







4月の頒布会のケーキを
UPしました!




オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp








[PR]

# by aurelie_kyoto2 | 2018-03-31 21:52 | ソウル旅行記

2018 香港② 「初日のディナーは、大好きなあのお店」 1日目夕食

香港旅行記の続きです。




f0313330_01401312.jpg

「湾仔の街市」




「羅富記」を出て、私たちが向かったのは、
今夜のディナーに訪れたいレストランがある「コーズウェイベイ」というエリア。
普段なら地下鉄やトラムで向かうところですが、
なんせ久しぶりの香港なので「湾仔」からブラブラ歩いていくことにしました。












f0313330_01424180.jpg

「八百屋さん」




今、日本は野菜が高くて高くて、なかなか食べられませんが、
香港の八百屋さんにはこんなに葉野菜や青物が山盛り。
美しくて、羨ましい光景ですね。












f0313330_01422940.jpg

「チャーシュー屋さん」




旨そうなチャーシューが沢山ぶら下がっています。
私たちはチャーシュー屋さんと呼んでいますが、「チキン」や「ダック」も奥にぶら下がっていますね。

表面は「カリッカリッ」で、中は「しっとり」。
街市のこんなお店で買うと、ものすごく安いのにビックリするくらい旨い!

正直に言って、日本のチャーシューとは「全くの別物」と言っていいと思います。
香港のチャーシューは「世界№1」ですね。










久しぶりの香港をブラブラと20分程歩いて、「太湖海鮮城」に着きました。

地元の人にも大人気の、私の大好きなレストランです。
昔ながらのお店ですが、「香港料理大賞」をとったメニューも多く、
おいしいシーフードがリーズナブルなお値段で安心して食べる事ができます。
何てたって、香港のシーフードは世界イチ「高い」からね。



f0313330_00504839.jpg

「定番のチャーシューとカリカリチャーシューとローストグースの盛合せ」




見よ、この「テレっテレっ」のテカリを!
さっき街市でおいしそうだったので、©のリクエストです。



「定番チャーシュー(奥)」は、
表面の甘いタレがキャラメリゼされていて、中までほんのり甘く、ジューシー。

「カリカリチャーシュー(手前)」は、
豚の五枚肉の皮の部分に「五香粉」というスパイスを付けてじっくり焼いてカリカリに仕上げたもの。

「ローストグース」は、香港の代表的な広東料理で、チキンにはない濃厚な味が楽しめます。













f0313330_01123521.jpg

「手長エビのガーリック蒸し」




甘味の強いエビを「ガーリック」と「ネギ」で蒸して、中国醤油で作ったソースをかけたもの。
エビは開いてあるので、ガーリックとネギを上にのせて食べます。


旨いっ!!!



美味しくない訳はありません。













f0313330_01213897.jpg

「ハタの蒸しもの」




香港の海鮮広東料理の王様が登場で~す。

ハタをネギと生姜とお酒で蒸して、蒸し上がったら中国醤油と少量のオイルを熱したものをかけます。
ハタから出た出汁と後からかけたソースが混ざって、得も言えぬ美味しさ。
これを食べずして、香港料理を語るなかれ。












f0313330_01301419.jpg

「白飯」




仏様のご飯のような盛りですが(笑)、「ハタの蒸し物」には必ずこれ。
香港人もみんな注文します。


「ハタの蒸し物」の身と、ハタの出汁と醤油の混ざったソースをご飯の上にのせてたべるので~す。


う~ん、幸せ~。


行儀わるい?  いいえ、香港の常識です。笑




「ハタの蒸し物」を注文して、この「ご飯」を頼んだら、
お店の人に「あれっ?日本人なのにやるな!」って思われますよ。
機会があれば、ぜひ食べてみてくださいね。













f0313330_01433884.jpg

「モヤシと花ニラ炒め」




中国料理は、野菜料理もとてもおいしいもの。
絶対に食べるべきもののひとつです。

モヤシと花ニラを炒めたものですが、(中国ベーコンも入ってますね)
こういうシンプルな料理こそ、お店の技が活きてくるものです。

ニラの先に小さな黄色の花が付いたものが「花ニラ」ですが、
ウン10年前に、初めて香港で食べてから、©の大好物です。












f0313330_01541719.jpg


f0313330_01545912.jpg

「デザート」




上は、小麦粉を練ってのばして揚げたものにハチミツをかけたもの。

下は、あずきのお汁粉。


上のスナックはハッキリ言って、全然おいしくないですけど、
お汁粉は、甘さ超控え目で「陳皮(ミカンの皮を干したもの)」がアクセントになっていて、おいしいです。




これは注文したものではなくて、このお店では食後にサービスで出てくるものです。
中国のちょっとしたレストランではよくあるサービスで、台湾とかでも出てきますね。
ただ、これは最新のお店ではなく、どちらかと言うと昔風のサービスでしょうか。





以上、
さっき「お粥と雲呑麺」を食べたばかりなので、ちょっと料理が少なめだったけど
全部平らげて、ごちそうさまでした!












f0313330_02083680.jpg

「凍っているビール」




©がビールを頼んだら、この「凍っているビール」が来た!笑


大体どこ国でもビールはあまり冷えて無くて、日本人客は冷えているビールを望むので
私達が何も言わなくても、お店の人が気をきかして持ってきてくれたら、ビンごと「凍っていた!」
私達がめっちゃウケていたら、その人も大笑い。





10年間夢に見た「太湖」での食事、こんな幸せで大満足のディナーになりました。






ただ、今回の旅行で失敗したことがあって、
「勝手知ったる香港、地図がなくてもダイジョブ!」と余裕かまして
ガイドブックや地図を持たず、スマホのWIFIも借りずに香港に来たら、
ナント! 何回も行ったことがある処なのに、全く場所が分からなくなっていたという事実。

この「太湖」も探すのに30分もかかってしまった。
私たちの記憶力がなくなったのか、ただ歳を取っただけなのか。(どっちもか)


つづく。





3月の頒布会のケーキをUPしました!
ホワイトデーの商品もご案内しています。





オーレリーのホームページは、aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、aurelie.exblog.jp








[PR]

# by aurelie_kyoto2 | 2018-02-28 23:24 | 香港旅行記

2018 香港① 「10年ぶりの里帰り」 1日目午後

f0313330_00183010.jpg


一時期、「故郷?」ってくらい、実家に帰るよりも行っていた大好きな「香港」に、
なんと10年ぶりに里帰りしてきました~。

今回の旅行は、10年ぶりの香港と言うことで、ワクワク楽しみ!なのはもちろんだけど、
行く前からなんだかちょっとセンチメンタルな気分。
それは、「香港」が大好きというだけではなく、本当に「第二の故郷」と思っているからなのです。




朝8時前のフライトで、午後12時頃に香港到着。
勝手知ったる香港、
エアポートEXで市内に向かい、ホテルにチェックインして、重慶マンションで両替して、
さぁ、出発~!!!










f0313330_00295112.jpg




f0313330_00565796.jpg

「中環セントラルの高層ビルとトラム(2階建て路面電車)」




では、まず、いつもの私たちの香港でのルーティンをスタート!

それは、地下鉄で「セントラル」に到着。

このセントラルの高層ビルの隙間の細い空を見上げると、「香港に来た~。」と実感しますね。




「ただいま~♪ 香港」



懐かしすぎて、涙が出そう。

と感傷に浸っているよりも、まずはあそこへ行かなくっちゃ。











f0313330_00522479.jpg


「羅富記の雲呑麺」


10年間夢に見た(大げさ)、「羅富記の雲呑麺」
いつも、香港最初の食事はここからと決まっているのです。



10数年前に1日に4~5軒のお粥屋さんめぐりをしたことがあって、
そのころからあるお店はほとんど行ったことがあるのですが、
私たちはやっぱりローカルなここ「羅富記」の味が1番好き。


ん? 「具がない?」

ちなみに香港では「お粥」や「雲吞麺」を注文して出てきても、
上の写真の様に具材は底に入っているので見えませ~ん。 ご注意を!













f0313330_00520827.jpg



香港で「雲呑麺」と言えば、大体この麺を指して言います。
麺は日本人には馴染みのないごわごわして、粘りのない細麺。
雲吞の中は、ぷりっぷりっの新鮮な「エビ」のみのシンプルさ。
そして、この黄金色のスープ。
後はネギがほんの少し入っているだけの潔さ。

う~ん、美味しすぎる~。








f0313330_00524199.jpg

「皮蛋痩肉粥」



ピータン」と「豚肉(赤身)」入りのお粥は、香港人の大好きなお粥。
私達も色々食べたけど、これが№1だと思う。


日本のお粥はお水で炊いているのに比べ、香港のお粥はスープで炊いています。
米粒が無くなるくらい「とろっとろっ」で、最初は薄目の味ですが、
だんだんとピータンと豚肉の出汁が染み出てきて、濃厚になっていくのがわかりますよ。


う~ん、これもおいしすぎて。。。泣











f0313330_00525776.jpg


「揚げ雲吞」



「羅富記」には、「魚球(魚のつみれを揚げたもの)」という名物ありますが、
私達が好きなのはこの「揚げ雲吞」


麺に入っている雲吞を揚げたものですが、皮が「パリッパリッ」と言うよりも、
「ハラハラ」と崩れるくらいのもろさで絶品です。
何もつけなくても、十分においしいです。











f0313330_00531366.jpg

「油菜」



そして、香港と言えば、この「油菜」。 (以前の記事はこちら⇒
付け合わせの定番ですね。
大体、季節の野菜が使われますが、これは「菜の花」ですね。













f0313330_01391736.jpg


あ~、美味しかった!



10年ぶりの「羅富記」は改装してきれいになっていて、私たちが覚えている店内とは違っていて
少し寂しかったけど、又ここに来ることができて嬉しかった。

相変わらずの愛想のない店員さんと、香港人の向いに座らされる当然の相席、
午後のお客さんが少ないまったりした時間、
しみじみ「香港」にいることを実感できました。





つづく。






今月の頒布会のケーキをUPしました!
バレンタインデーの商品も
ご案内しています。





オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp



















[PR]

# by aurelie_kyoto2 | 2018-02-01 02:37 | 香港旅行記

2017 ソウル② 1日目晩ご飯はお洒落エリア「狎鴎亭」で。

あけまして、おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さまにとっても、オーレリーにとっても
幸せな1年でありますように。







ソウル旅行記の続きです。


ノリャンジン市場でおいしい「ヒラメ」や「カニ」を食べたら、もう午後4時。
今日の晩ご飯に行きたいのは人気店らしく、予約をしていないので早めに行くことに。
場所は、私達が滅多に渡らない「漢江」を越えて、
お洒落タウン「狎鴎亭」の「ピョンチョネリ・チョッカルビ」へ。
マイナス5℃の中、ようやく到着したら、1番ノリでした。







f0313330_23290003.jpg

「パンチャンとつけダレ」


席に座ると、すぐに「パンチャン(おかず)」がセッティング。
ピンクの丸い「魚肉ソーセージ」と「生サツマイモの薄切り」「キャベツの煮もの」
「りんごのマヨネーズ和え」という不思議なパンチャンたち。笑

つけダレは、たっぷりの玉葱の薄切りをいれた、甘めのポン酢のようなものでした。









f0313330_23291457.jpg

©はこの日3本目のビール。









f0313330_23410459.jpg

「チョッカルビ」


そして、待ってました!
やって来たのは、このお店の看板メニュー「チョッカルビ」
骨付きの豚ロースの炭火焼で、これで2人前。

あらかじめ炭火で焼いたものが運ばれ、各テーブルの焼き網で更に食べ頃に焼き上げます。
そして、それを軍手の上にビニール手袋をはめて、手づかみで食べるというもの。
では、いただきます!


炭火の香ばしい味、燻製されたハムのような食感で、さっきのタレにつけて食べると


さっぱりして、おいしい~♪










f0313330_23304231.jpg

「ソジュ」


©は、韓国の焼酎「ソジュ」をお代わり!










f0313330_23302680.jpg

「デジコプテギ」


ハングルが全くわからないので、とりあえず★マークがついているのを注文したら、
出てきたのがこれ。
「デジコプテギ」は「生の豚の皮」らしいのですが、豚の皮というより、「トントロ」に近い。
胡麻油と塩で食べると、


うま~い!

歯ごたえがあるのに、ジューシーで、今までに食べたことのない食感。

これが私達にはヒットで、後日他のお店でも注文しました。








f0313330_00064294.jpg

「麻薬ッパ」


そして、もう一つの看板メニューがこれ。
韓国では、美味しすぎる食べ物に、「麻薬ナントカ」って名前を付けるのが流行ってるらしく。

アルマイトのお鍋に中は、「ご飯」、「肉みそ?」、「とびっこ」やらなんやら色々入っていて、
それを一口サイズの小さなおにぎりにして、海苔をまいて食べると言う〆のご飯。
おいしくない訳がないよね。









f0313330_00071548.jpg


私たちはわからないので、お店の人がひとつづつ作ってくれました。

うん、まい♥

これが結構からいのですが、それがクセになり、ものすごくおいしい。
©が大絶賛で気に入ったようです。
他のお客さんも皆頼んでました。




寒い中、
滅多にわたらない「漢江」渡ってきて、よかった~。笑

このお店は韓流スターのビックカップルがデートしたとかで有名らしく、
確かにお店のお客さんも、私たちのテリトリーである鍾路あたりにはいないような
「シュッ」とした若い男の子がいました。笑




つづく。






1月の頒布会のケーキをUPしました!





オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.con

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp










[PR]

# by aurelie_kyoto2 | 2018-01-04 02:01 | ソウル旅行記

2017 ソウル① 1日目お昼ご飯は、ヒラメやカニの舞い踊り~♪

f0313330_23314448.jpg


4年ぶりにソウルに行ってきました!

もちろん、「PEACH」のセールでお安くチケットGETです。
もうなんだか、最近はLCCしか乗ってないような気がするけど。。。笑

春に東京に日帰り、JRで4万円。
今回のチケット代25000円。
そりゃぁ~、ソウル行くでしょ。笑



今回は、関空7時50分発 仁川9時45分着。 飛行時間1時間55分。
近っ! 本当にあっという間に到着しました。

が、
仁川空港が大きすぎて、着陸してからターミナルまで遠いのなんのって(LCCだから)。
おまけに、やっと降りれたぁ~とイミグレに向ったら、ものすごい数の団体客に先を越されて
結局エアーポートエクスプレスに乗ったのが、11:30。
今までで1番時間がかかりました。



今回は、明洞に宿泊。
やっぱり、両替とか、お買い物とか考えると「明洞」が便利ですね。
チェックインしたら、まずは「お昼ご飯」でしょ。









f0313330_00263976.jpg

「ノリャンジン市場」

ソウルで1番大きな水産市場に来ました~。
なぜか、ソウルの最初のご飯はいつもココ。

市場で魚を買って、2階にある食堂で調理してもらえます。
基本は1匹買いだけど、大きな魚(鮭やブリ)は切り身でもあるし、
もうすでにさばいてお刺身にしてお皿に盛りつけてあるのは少し小さなサイズもあります。

「ノリャンジン市場」も「築地市場」と同じで、新しくできた建物に移転するとかしないとかで
お店も古い方と新しい方に分かれて営業されているようです。

今回は新しい市場に行ってみました。









f0313330_00355138.jpg



f0313330_00371980.jpg

「活ヒラメのお刺身と松葉カニ」


市場を歩いていると、お店の人から呼び込みの声がかかります。
大体どこも同じような値段なので、選ぶのはやはりお店の人の雰囲気かなぁ~。

今回購入したのは、4~50cmはある「ヒラメ」とそれよりもっと大きい「松葉カニ」
声をかけてくれた若いお兄ちゃんのお店で買いました。

最初は「ヒラメ」が40000W(約4160円)だったので、
「二人では大きすぎる」から、「もっと小さいのがいい」と水槽からすくってもらうんだけど、
大体どの「ヒラメ」も同じくらいの大きさなんだよね。

そしたら、お兄ちゃんが「35000Wでいいよ」って言うから、「う~ん」って思案してたら
「じゃぁ、30000W!」って。 





そして、カニも狙ってたので、隣りのカニを売り込んできたお兄ちゃんに
「カニはいくら?」と聞くと、「1kg-40000W」だって。

カニのお兄ちゃんが水槽から、これまたデッカイのをすくって計りにのせます。
上の大きさで約1.5kgで、60000W(6300円)。
活け蟹と言えども、やっぱりカニは高いですね。
「二人だからもっと小さいのないの?」と言って探してもらうけど、
やっぱり同じような大きさしかありません。



そこで、すかさずワタクシ、
「じゃぁ、このヒラメとカニで70000Wにしてくれたら二つとも買う!」と言ったら、
この二人のお兄ちゃん達、「仕方ないなぁ」てな感じで売ってくれました。


この大きさの活けのヒラメとカニで70000W(7300円)なら、まずまずでしょ。
私が支払った70000Wを二人で分け合っていました。
隣り同士で友達なんだね。



お支払いをしている間に、「ヒラメ」のお店のお兄ちゃんがヒラメをおろしながら
「刺身にするの? 店で食べるの?」と聞いてくれます。
「店で食べる」というと、大体そのお店が懇意にしている食堂に連れて行かれます。
もちろん、自分たちの好きな食堂を選んでもOKです。
私たちのように市場の食堂で食べる人もあれば、持って帰る人もいます。


「おろした後のアラもいる?」と聞かれるので、ここは必ず「うん」と言います。
そうこうしているうちに、大体食堂の人が迎えにきて、買った魚をもって店に案内されるようになっています。









f0313330_01295596.jpg


食堂に入ると、お店の人に「どう調理するのか」聞かれますので、
「カニは蒸して」とか、今回は買ってないけど「アワビはバター焼きで」とか注文します。

そして、先ほどのさばいた後のアラを渡すと、「メウンタン?」と聞かれるので、
「メウンタン!」と言って、適当に席に座って待ちます。



この時、お刺身は魚屋さんがちゃんと発泡スチロールに盛り付けてくれているので、
店の人はこれと、上のようなチシャ菜やサムジャン(味噌だれ)、ワサビをテーブルに用意してくれます。
ラップを取って、このお刺身をつまみながら、料理が出来るのを待ちます。









f0313330_01390931.jpg

では、いただきます!

まずは、ヒラメのお刺身。ちゃんとエンガワもつけてくれます。

まずは、ワサビで。

「う~ん、旨い!」

そりゃ、さっきまで生きてたからね。



そして、チシャ菜やシソにサムジャンをつけて、ヒラメと生ニンニクと青唐を包んで、パクっ。
不思議とこれもおいしいです。











f0313330_01434840.jpg
「蒸しカニ」

そのうちに、「蒸しカニ」が出来上がってきました~!
大きなカニにテンション上がりますね。
では、早速!

うゎ~~~~~、おいしい。
うーん、しあわせ~❤


どうして、松葉カニはこんなにおいしいのでしょう?
やっぱり、カニは松葉カニが王様だよね!

関東の人が、「どうして関西人はそんなにカニ、カニと騒ぐのか分からない。」って言うらしいけど、
そりゃぁ、日本海の松葉カニ食べたらわかるって!




早く食べたいのと、手がびしょびしょで写真もないですけど、今回のカニは、「カニみそ」もたっぷり。
濃厚でおいしいったら、ありゃしない。
身を取り出して、このカニみそに浸けてたべたら、本当に

もう最高っ!

でした。













f0313330_01512962.jpg


「メウンタン」

そして、〆は「メウンタン」(辛いアラ鍋)です。
先ほどの「アラ」と「豆もやし」や「大根」「セリ」が入ったお鍋。
アラから出る出汁だけなので、すっきりとしたお味。

いつもならご飯もらって、メウンタンかけて汁かけごはんがサイコーなんだけど、
今日は時間が遅くなって、夜ご飯まであまり時間がないのでガマンガマン。
久しぶりの高級海鮮、ごちそうさまでした!




じゃぁ、次行こ!

って、晩ご飯?




つづく。







X'masケーキのご案内をUPしました!
冬のギフトや迎春菓子もご用意しています。





オーレリーのホームページは、aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、aurelie.exblog.jp














[PR]

# by aurelie_kyoto2 | 2017-12-05 02:31 | 旅行

中国の宝「大熊猫」

f0313330_02111076.jpg

「北京動物園」


動物好きの©の影響で私も動物好きになって以来、旅行先でも時間があれば動物園に行くことがあり、
ここ「北京動物園」にも何度か行きました。
とても立派な入口ですね。

そして、北京動物園の一番人気のアイドルと言えば、、、、 

もちろん、「パンダ」!!!

「パンダ」は、中国語で「大熊猫」と言います。











f0313330_02112645.jpg

「ひとり佇むパンダ」


一応、「パンダ館」などと言う別棟の建物があり、入園料とは別に10~20元位の入場料がかかります。
中に入ってみると、、、


ちなみに、これは2月の日中マイナス5℃くらいの寒さですが、結構なほったらかし状態。
日本とは大違いのラフな飼育環境ですね。笑
そのせいか、パンダものびのびしています。









f0313330_02114476.jpg

「パンダの後ろ姿」


パンダって、絶対中に人が入っていると思いませんか?









f0313330_02202069.jpg

「パンダ中学校」

これは、2008年8月の北京オリンピックの時、北京動物園に「子パンダ」を集めて、
四川などにある「パンダ飼育施設」にあるような、「パンダ幼稚園」を再現したのですが、
私たちが行った1月にはもうこんなに大きくなってしまい、
「幼稚園」ではなくて「中学校」ぐらいになっていました。105.png

でも、こんなに沢山のパンダが一緒にいるところを見ることが出来るのは、中国以外ではあり得ませんね。











f0313330_02115816.jpg



f0313330_02121110.jpg

「子パンダ」

キャー❤キャー❤
何なんだ、この可愛さは!


これは、初めて行ったときで、ラッキーにも「子パンダ」がいました!
それも、見物者がほとんど誰もいないくて(中国の方はそれほどパンダに執着しないのか)、
この可愛さを独り占めです。










f0313330_02123491.jpg

「遊び疲れて、だれる子パンダ」

可愛い!










f0313330_02122243.jpg

「木の陰から、こちらをうかがう子パンダ」

可愛すぎる!










f0313330_02195806.jpg

「木に引っかかっている子パンダ」












f0313330_02203927.jpg

「絶対、私たちを笑かそうとしているとしか思えない子パンダ」


実は、こんな状態。笑











f0313330_02125029.jpg



f0313330_02130336.jpg

「呼びかけに足を上げて答えるパンダ」

「パンダ」って、やっぱり私たちを笑かそうとしているとしか思えない。











f0313330_02131324.jpg

f0313330_02132594.jpg

f0313330_02133501.jpg

「パンダ館のお土産コーナー」

私たちは、「パンダ写真集」を買いましたよ。






以上、「パンダ写真集」でした!









11月の頒布会のケーキをUPしました!
少し寒くなった秋にぴったりの
キャラメルクリーム・パイです。





オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp







[PR]

# by aurelie_kyoto2 | 2017-11-05 03:29 | 趣味のこと

世界一の「北京ダック」

f0313330_01243779.jpg

「北京大董烤鴨店」

久しぶりに私のライフワークである「中国料理研究」の中から、
日本人も大好きな「北京ダック」をご紹介します。

北京にある「大董」と言えば、「北京一」名高く、以前から予約も取りづらい最も人気のあるレストラン。
私達が初めて行った10年前は、テーブルの上いっぱいに料理を注文しても4000円程だったお店ですが、
今では超高級店になってしまいました。






f0313330_02070946.jpg


初めて食べた時は1羽が100元(当時¥1200程)でした! 今は280元ぐらい。
他の国で食べる事を思えば安いので、もちろん1羽を注文。
テーブルの脇で、このようにお兄さんが切り分けてくれるので、テンションUPですね。








f0313330_01252323.jpg

「北京烤鴨」

そして、この様にお皿に盛りつけてくれます。

北京ダックの切り方は2通りあって、
「なるべく身を少なくして皮だけタイプ」と「身もタップリつけるタイプ」。

それに、調理方法も2通りあって、
「皮をしっとりと仕上げるタイプ」と「皮をパリパリに仕上げるタイプ」。

ここの北京ダックは、「皮がパリパリで、身が少ないタイプ」で、これこそが「大董」の売りであります。









f0313330_01254602.jpg

「薬味」

普通は薬味といえば、「甜面醤」や「きゅうり」「ネギ」あたりですが、
ここの薬味は、「キュウリと紅芯大根」「お漬物」「甜面醤とネギ」
それに「おろしにんにくとグラニュー糖」がついてきて、バラエティ豊かです。


そして、このグラニュー糖ですが、どう使うと思いますか?

ナント、これは北京ダックのパリパリの皮に少しつけて、食べるのです!!!

びっくりでしょ。
でもこれが、口に入れた途端、皮の香ばしさとほのかな甘さが何とも言えず、
さらにしゅわ~と皮ごと溶けて、2度びっくり!

初めて食べた時は、このおいしさに衝撃を受けました。
さすが、「北京一」と言われるだけのことがあります。







f0313330_01253412.jpg

そして、パリパリの皮を堪能した後は、餅(ピン)に薬味と包んで、おなじみの食べ方でいただきます。
この「餅(ピン)」は、注文すればいくらでも持ってきてくれますよ。










「大董」は北京ダック以外もすごくおいしう。
私たちが行ったら、絶対に注文するお料理も紹介しま~す。


f0313330_01245741.jpg

「ダックのハツの炒め物」

新鮮なハツのシャキシャキした食感と濃厚な味がたまりません。









f0313330_01250975.jpg

「四宝ナンチャラ」

私が北京ダックよりも好きなのが、これ。
「ダックの身」以外に「ハツ」「肝」「皮」等と「タケノコ」「パプリカ」を炒めて、
香り付けに使うお酒が、

なんと!「ライチ酒」というお料理。


これが最高においしくて、おいしくて。


「なんて、組み合わせなのー❤」 フランス料理ですら、かないません。


中国料理、世界一~!

と、私が思うゆえんです。








f0313330_02511404.jpg

「鴨肝」

北京ダック屋さんには、必ず「鴨肝」と言って、レバーがあります。

お味はまさしく「フォアグラ」そのものですが、
フランス料理と違って調理にバターやクリームを使わないので、
この「鴨肝」はあっさりしていて、とてもおいしいので必ず注文します。
なんなら、タッパーに入れて持って帰りたいぐらい。

ここ「大董」の「鴨肝」は、ゴージャスに「鴨肝」を「鴨スープのゼラチン」で包まれていました。






以上、私が「世界一の北京ダック」だと思う、「大董」の紹介でした。

ちなみに、実は「北京ダック」は中国では「主食」、つまり「ご飯」とか「麺」とか「パン」とかと
同じ扱いだってこと、ご存知でしたか?

「餅(ピン)」が小麦粉でできているので、「主食扱い」なんですよ。

だから、一緒にご飯ものを頼むと笑われます。笑
「ご飯」と「ご飯」みたいな。。。。。






10月の頒布会のケーキをUPしました!





オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp









[PR]

# by aurelie_kyoto2 | 2017-10-01 03:25 | 北京料理 in 北京