「油菜」 in 香港

f0313330_12382498.jpg

「油菜」




Ⓒの、この地球上(?)に於いても、大好きな食べ物の上位にくるほど、最愛の香港の「お粥」。

以前の「お粥」の記事は、こちら
とか、こちら



その「お粥」「雲呑麺」のお供と言えば、、、、


この「油菜」です!

写真の野菜は、「芥藍ーカイラン」といって、香港では最もポピュラーな野菜。


香港の粥麺屋さんと言えば、いわゆるレストランではなく、ラーメンやおうどん屋さんに当たるので、
お粥や麺類以外のメニューは、そんなに多くありませんが、ほとんどの地元の人が「お粥」や「雲呑麺」と
一緒に注文しています。


「油菜」とは料理名で、季節の葉っぱ類を調理したもので、
日本で言うところの、「青菜炒め」のようなものですが、
日本で食べる「青菜炒め」とは、全くと言っていいほどの「別物」。

でも、これが!  驚くほど、おいしいのですよ!
まず、中国料理の真骨頂である、「火の入れ方」がパーフェクト! エクセレント!
しゃっきり!しているのに、ちゃ~んと火が入っている。

初めて食べた時、どうやって作ったのか見当もつかなかったし、日本で似た料理を頼んでも全然違う。


その謎は、、、


写真を見ると、菜っ葉の向きがそろってるでしょ?

これは、まず野菜をこのようにカットして、そのままの状態で網状のおたまのようなものにおいて、
「清湯」といわれる、日本で言うところの「1番ダシ」のようなスープを何度もかけて、火を通すのです。
なので、火の入れ方が絶妙に仕上がるし、盛りつけが写真のように美しいのですよ!
そして、クタクタにもなっていないのに、そのおいしい「清湯」の味が染みていて、最高においしく仕上がるのです。
中国料理って、ホント、すごい!



f0313330_12344291.jpg


これは、「油菜の蝦子かけ」。
「蝦子」とは、エビの卵を乾燥させたもの。」。「油菜」の高級版ですね。




この「油菜」、値段も安いのに、中国料理の素晴らしさを感じられる手軽な料理ですので、
香港で粥麺屋さんに行ったときには、必ず食べてみてくださいね。



って、こんな「青菜」の料理ひとつで、こんなに力説できる私って。。。

以上、 中国料理研究家(?!)のオーレリーでした!(笑)







オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com


「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2015-05-18 01:28 | 香港料理 in 香港