2017 ソウル③ 一日目の夜食「ソウルの夜は眠らない?」

韓国ソウルの旅行記の続きです。


f0313330_20474680.jpg


f0313330_20480714.jpg


「ソウル版ベビーカステラ?」




江南エリアで晩ご飯を食べたら、お洒落エリアを散歩するでもなく、
直ぐ電車に乗って、宿泊していた明洞に帰ってきました。笑


明洞の駅に着くと、何やら甘~い匂いが。
ソウルでは地下鉄の駅の商店街に、よくこんな食べ物のお店がありますね。
「とうろろこし」の形をした、夜店で売っている「ベビーカステラ」のようです。
夜店であれば、必ず買う「ベビーカステラ」好きの私達。
さっそく買ってみました!


こんな小さな生地の中に、「カスタードクリーム」が入ってました!
中に入っているのを知らずに、「パクッ」といったので口の中を火傷した~。泣
でも、熱々焼き立てでおいしかったですよ。









f0313330_21022986.jpg


f0313330_21021827.jpg


「明洞」




一旦ホテルに帰って、さぁ、ソウルの夜はこれからだ~!


クリスマス前だったので、ロッテホテルもX'masイルミネーションでおめかし。
こんなに寒いのに、明洞は人がいっぱい。
ソウルの人は元気でエネルギッシュだな~。


と、マイナス10℃近くまで気温が下がってきた明洞を抜けて、とあるお店へ。









f0313330_21051897.jpg


「元祖緑豆」





初めて行く鍾路にある「ピンデトッ」(所謂チヂミ)のお店ですが、
ソウルの達人の方、特に吞兵衛の方に人気があるとかで、
この寒い中探し回ってやっと見つけました。 なんせハングル読めないんで。


店構えも小さく本当に分かりづらいお店でしたが、
中に入ると小さなおばあちゃんとその娘さんかな?のお二人で店を切り盛りされています。










f0313330_21053041.jpg

「海鮮ピンデトッ」



メニューが全く読めないので、噂に聞いた「海鮮ピンデトッ」を注文しました。


「海鮮」といっても、エビとイカしか入ってませんが、
見て下さい! この美しい切り口を。
ネギをたっぷりひいて、エビとイカを乗せて焼き、最後は玉子でとじてありました。


結構なボリュ―ムなのにお安くて、おいしくて、文句の付けようがなし!
おまけに「マッコリ」が1本、¥300!!!
750mlですよ!

安すぎて申し訳ないので、どんどんマッコリを注文します。
©はソウルに着いてから、もう数えきれないほど飲んでいますが、
とってもいいお店に当たってご機嫌です。

「もう、毎晩来るぞ~。日本にもこんなお店があればなぁ。」


コーヒーと飲み屋が高くて有名なソウルで貴重なお店ですね。
もう閉店前なのに、楽しそうに飲んでるお客さんでいっぱいでした。

おばあちゃんも、もう一人の女性のかたも素朴で優しいかたで、本当に良いお店でした。


ただ、土地も高くて物価も高いソウルで、このお値段でやっていくのは本当に大変だと思います。
もし行かれる方がいらっしゃったら、ここの常連さんのように沢山注文してあげて欲しいですね。

いつまでも、この場所にありますように。









f0313330_21404704.jpg

ホテルの帰り道、こんなに寒い夜なのに、屋台のそばに猫ちゃんが。


どうか、暖かい場所で眠れますように。







4月の頒布会のケーキを
UPしました!




オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp








[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2018-03-31 21:52 | ソウル旅行記