2019年 01月 02日 ( 1 )

two-day trip in 札幌&東京②

2019年 新春のお慶びを申し上げます。
昨年は沢山のご注文をありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
この1年、皆さまに幸せが沢山ありますように。





前回の続きです。


f0313330_17501510.jpg

f0313330_17501913.jpg

「佐藤水産のおにぎり(ミックス)」


見知らぬ土地でのトラブルを親切な女性の方のおかげで、何とかホテルまで帰り着くことができました。
本当は「モエレ沼公園」で食べようと思ってた「佐藤水産のおにぎり(ミックス)」
を部屋でいただきました。
お昼には売り切れるらしいので、「おにぎりLOVE」の©のために予約をしました。

札幌駅の目の前に立派なお店がある有名「佐藤水産」には、
海鮮を使った珍味やカニなど、美味しそうなものがいっぱい。
おみやげには、1番人気の「鮭ルイベ」とか、「イカの塩辛」とかを購入。

さて、
この「おにぎり(ミックス)」は1個¥550ですが、ものすごく大きくて、ご飯1合半はあるかと。
中は「秋鮭」と「筋子(いくら)」
大きな鮭とこぼれんばかりのイクラがたっぷり。
お米も海苔も北海道産。


何これ? めっちゃ、おいし~。


こんなおにぎり、食べたことありません。
「ご飯」も「海苔」も「鮭」も「イクラ」もおいしい。

恐るべし、北海道。

感動モンです。
お昼のお寿司を越えました。笑



人生№1のおにぎりに気をよくして、お昼のトラブルで下がっていたテンションがUP。
さぁて、じゃぁ、晩ごはんに行くかー。











f0313330_17503678.jpg

f0313330_17515818.jpg

札幌はもうX'masイルミネーションの準備が始まっていました。
とってもキレイ。












f0313330_17504459.jpg

「鰊(ニシン)と八角(ハッカク)のお刺身」


夕食は地元の方で人気の「ふる里札幌総本店」にしました。
6時に入店すると、もうすでにほぼ満席。

食べたことがある方が皆さん口を揃えて絶賛されている「ニシンと八角のお刺身」
これが、


びっくりするくらい、旨いっ。
本当に旨い!


大好きな沼津の「丸天」さんで、初めて「イワシのお刺身」を食べた時以来の衝撃の旨さです。

又又、おそるべし北海道。
「ニシン」も「八角」も鮮度がすぐ落ちるので、地元でしか食べられないそうです。











f0313330_17505616.jpg


「ホッケ」


もちろん、食べるよね~。
当たり前だけど、こちらで食べるのとは全然大きさも味の濃さも違います。












f0313330_17504856.jpg

「タチの揚げ出し」


濃厚な「白子」をから揚げして、お出しに入れた「揚げだし」。
北海道では、「タラの白子」を「タチ」と言うらしい。
この時が旬だそうです。










f0313330_17510359.jpg

「ホッケのお刺身」


「ホッケのお刺身」!!!!
北海道ならではですね。
「ニシン」が神がかっておいしかったので影が薄くなりましたが、もちろんおいしかったですよ。











f0313330_17505182.jpg

「本ししゃも」


いつかは食べたいと思っていた「本物のししゃも」
普段食べているのは、「本物」ではないですから。笑










f0313330_17510085.jpg

「イカごろ」


イカの中に、ワタを詰めて凍らせたもの。
口に入れると、イカとワタが溶けて濃厚な味になります。
もうこれは、完全な「珍味」。日本酒がぴったりな味で私好み。
って、私は一滴も飲めませんけど。笑











f0313330_17504182.jpg

「いももち」


©に「北海道で何が食べたい?」と聞いたら、「いももち」って。

芋大好きすぎるやろ~。どんだけ好きやねん。
相変わらず、安あがりな©。

さて、©の感想は?
「まぁ、別に食べんでもいいかな。」笑











f0313330_17510627.jpg

「本日の煮魚」

「本日の煮魚」は「ソイ」でした。
20cm以上ある大きさで、これが¥600以下。
食べ応えもあって、味付けもgood。


このお店、近くに来てくれへんかな。
お刺身も¥500位で、
こんなお店があったら、家で魚料理しーひんのやけど。





以上、「ふる里札幌総本店」はおいしい上にリーズナブルで、最高のお店でした。
又、来れたらいいな。











f0313330_13170998.jpg

「やきとりキィー」


最高にご機嫌で「すすきの」方面に歩いてたら、「行ってみたいお店」に挙げていた
このお店が近い事を思い出し、覗いてみたら、大丈夫との事。
というのも、ここも大人気の大行列店らしいのです。
やっぱり、地震の影響かなぁ。
私たち的には空いていてラッキーだったけど、北海道の人は本当に大変やろな。
早く観光客の方が戻ってくるといいですね。










f0313330_13171602.jpg

「手羽先」


「手羽先大好き!(何でも好きやな)©」が気になっていたのが、
ここ「やきとりキィー」の名物、この「手羽先の塩焼き」


これで1人前、なんと15本入り!!!!


写真を裏側から撮っているのでなんだか変ですけど、手羽先が15本位山盛りで出てきます。
(何回も言った!)


15本ですよー、15本!
それもかなり大きいのが。
ほんとっ、恐るべし北海道だわ。



お味ももちろんおいしいです。
15本入りだからって、手を抜いて焼かれたりしません。
じっくり、ほっくり焼かれてます。
なので、忙しい時(いつもでは?)は出てくるまで、「2時間位」かかることがあるんですって。
私はここで、上手な「手羽先」の食べ方をマスターしました。笑











f0313330_13172237.jpg

「ザンギ」


北海道と言えば、「ザンギ」でしょ?
これも©が食べたいものに挙げていたんだけど、「鶏」ばっかじゃね?
お味は?
「まぁ、普通のから揚げ」。
そりゃそうでしょ。









f0313330_13172663.jpg

「げそサラダ」


何かさっぱりしたものをということで、「ゲソ」をマヨネーズで会えたもの。
これは、量はちょびっとなのね。










f0313330_13172924.jpg

「もろきゅう」


「もろきゅう」というか、大量のキュウリとお味噌。笑

「ゲソサラダ」も「もろきゅう」も、口直しにいい仕事します。







写真からお分かりのとおり、お店もお料理も全然小洒落てないけど、(失礼しました)
安くておいしい良いお店なんだな。
札幌の人に愛されているのがお店にいてわかります。


では、明日も早いので、そろそろホテルに帰りま~す。
でも、「純連」のラーメンも食べたかったな~。












f0313330_13174997.jpg

まだ夜が明けきらない「札幌駅」を出発して、もうこの日は東京へ向かいま~す。

さようなら~、札幌~。
早く元の観光客の方が戻ってくることを祈ってます!

本当においしかったよ~。
もっと歳とったら、又来ま~す。(?!)












f0313330_13175598.jpg

f0313330_13180434.jpg


「御茶ノ水 小川軒さんの特製お弁当」


1番の飛行機で羽田入りして、この日はいつもお世話になっている「S様」のご自宅へご招待いただきました。

そして、私達を待っていてくれたのが、この「お弁当」。
それも、S様は先代の超常連顧客さまということで、最高食材の特製を
社長さま自らお持ち下さったそうです。
フフフっ。(意味不明)



内容は、
生ハム&いちじく、スモークサーモン、大海老フライ、カニクリームクロケット、
鰆の西京焼き、サツマイモ甘煮、サーモンキッシュ、フィレステーキ、
ビーフシチュー、ご飯。


何じゃ、これ。
まるで、もうお正月みたい。











f0313330_13180796.jpg


「コンソメ」

「小川軒さん」と言えば、「コンソメ」

もう今では、なかなか「本物のコンソメ」を飲めるところはありませんね。
このお金も手間暇もかかった、本当の贅沢スープが大好きです。
ひと口飲めば、身も心も幸せを感じることができます。











f0313330_13181141.jpg

そして、©の幸せは、コレ。

いつも、スーパーの安いワインしか飲ませてもらえないから、
精一杯楽しんじゃってください。

って、S様のワインだけど。笑



この後、おいしい「ケーキ」やS様自ら入れて下さった「コーヒ」を頂いて
楽しく過ごしました。






昨日の札幌から、東京のランチまで、この度は弾丸でしたが
本当においしいものをいっぱい食べて、こんな幸せな二日間はそうそうないなー。

札幌の皆さん、東京のS様、
ありがとうございました!





1月の頒布会のお菓子を
      UPしました!




オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie/exblog.jp

オーレリーのインスタグラム ⇒ https://www.instagram.com/aurelie.kyoto/






by aurelie_kyoto2 | 2019-01-02 19:18 | 旅行