カテゴリ:外食( 1 )

夢に見た、「土瓶蒸し」と「イクラごはん」

ずいぶん前になりますが、休日に大好きな和食屋さんに行きました。
このお店は、私達がまだ大学生の頃から通っている、お付き合いの長~いお店です。

でも、ここの定休日とオーレリーの定休日が一緒になってから、余り行くことができず、
現在は1年に1度か2度しか行くことができません。

特に和食は、やはり「秋」でしょうか? おいしいものがいっぱいありますね。

特に、Ⓒが秋になると、恋焦がれるのが、コレ ↓

f0313330_0493498.jpg

f0313330_0495618.jpg

「土瓶蒸し」

1番ダシの中に、「松茸」と「鱧」と「三つ葉」が入っています。
鱧の上品な油が、お出汁を濃厚にします。
私は、コレを食べると、「秋が来たなぁ。」って思います。




そして、この土瓶蒸しと必ずセットで頼むのが、
f0313330_054137.jpg

「イクラご飯」

たっぷりのイクラの醤油漬けの下には、白いご飯とその中には焼き鮭のほぐしたものが隠れています。
普段は、そんなにイクラが好きではないⒸも、この「イクラご飯」だけは大好きで、
秋になると、いつも 「もう、土瓶蒸しとイクラご飯が登場しているやろな。」と言います。
と、言うのも、この2つは秋限定のメニューで、先ほど書いたように、定休日が一緒なので、
なかなか秋のうちに食べに行くことができないのです。
それが今回7,8年ぶりに食べることができました!




他に注文したのは、必ずいつも注文するメニュー。

f0313330_113282.jpg

「こいもと栗の炊き合わせ」

Ⓒは家で作る煮物は好きではなく、和食屋さんの煮物しか食べません。(笑)
これは、私も同感で、そりゃ、全然違うよね。
っていうか、何でここまで違う?と言うくらい、違うよね。
しっかりと煮含められていて、ほのかに柚子の香りがします。




f0313330_123137.jpg

「こいもの天ぷら」

小芋を煮たものを片栗粉で揚げたもの。青のりが合います。




f0313330_13553.jpg

「かぶら蒸し」

白身魚のかぶら蒸しに、おいしい葛あんがかかっています。
蕪の葉の苦みが、大人な感じ?




f0313330_133062.jpg

「鴨まんじゅう」

お出汁の葛あんの中に、里芋で作ったモチモチしたお団子の中に鴨のミンチが入っていて、
それを揚げたものが入っています。これは上にコショウがパラパラ。





あとは、「鴨ロース」「ゲソの天ぷら」「鯛の〇〇(店名)風焼」「ほうれん草の浅草和え」などを
いただきました!


私が大好きで、ここのが1番美味しいと思う、「鯛のあら煮」はこの日はありませんでした。(残念!)
ここの「鯛のあら煮」は、アラと言えないほど身がタップリ付いていて、
しかも2匹分くらいあって、甘くしっかりとしたお味がたまらなく、おいしい!です。


「土瓶蒸し」と「イクラご飯」、あと季節の魚以外は、25年以上、いつもほとんど同じメニューを注文します。
お店はひっそりした住宅地にあって、まず一見さんは来ない場所で、
私達よりちょっと年上の美男美女のご夫婦が営んでらっしゃいますが、
お店の名前は、ナイショ。 





オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com


「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2015-01-11 00:35 | 外食