<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2013 ソウル②  鷺梁津市場

f0313330_01545252.jpg

まずソウル1食目のランチ。私達が向かったのは、「鷺梁津市場 ノリャンジンシジャン」。
ソウル最大のプロ用の中央水産市場だそうです。建物に入って行くと、目の前に広がるのが上の写真の光景。     テンション上がります!     さっそく私達も買い物に行くぞ!!

天然のヒラメです。
f0313330_16503634.jpg

魚に詳しい当店シェフに選んでもらいました。 魚屋さんが、写真のように持ち帰り用に刺身にしてくれます。      もちろん、エンガワもちゃんとつけてくれますよ。この時、刺身にした残りの「アラ」も忘れずもらいます。
その他いろいろ買って、食堂に持ち込んで料理してもらいました。

お店の人に刺身を渡すと、こんな風にエゴマの葉やチシャ菜、辛い味噌やワサビを用意してくれます。
f0313330_1705180.jpg


では、その他 食べた物をどうぞ。
f0313330_1714127.jpg

アワビのバター焼き。 肝もたっぷりで、一緒に食べるとおいしい。

f0313330_172392.jpg

茹でた松葉ガニ。 ずいぶん値上がりしていたので、大きいのを1杯。  あ~、幸せ!

f0313330_1711834.jpg

魚屋さんでサービスでもらったホヤ。 初めて食べました。

f0313330_31238.jpg

そして、メウンタン! ヒラメの「アラ」を食堂の人に渡しておくと、こんな「アラ鍋」にしてくれるのです。
セリや豆腐やキムチなどが入っていて、アラからいい出汁がでて、もうたまりません。
さらに食い意地が張っている私達は、行儀が悪いのもお構いなしに、カニの殻まで投入!
もっとおいしい「メウンタン」に。  最後は、雑炊にして、完食いたしました。
もちろん、ヒラメもぷりぷりでおいしゅうございました。 そりゃぁ、さっきまで生きてたんだもの。

ちなみに、私の韓国語のレベルですが、「アンニョンハセヨ」、「カムサハムニダ」、「~ジュセヨ」の3つくらいしかできませんけど。 ⓜ


オーレリーのホームページは、 こちら

「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2013-11-27 01:06 | ソウル旅行記

2013ソウル① ピーチでGO! 京都から関空へ。

f0313330_11412314.jpg


f0313330_11404625.jpg




春にピーチのセールを見つけ、急遽ソウルへ行きました 。これって、ピーチの思うつぼ?!

どうせ行くなら滞在時間をたっぷり取りたいので、関空発7時50分便に乗りたいけど、

LCCのセールチケットなので、ぜ~ったい遅れるわけにはいかない。

果たして京都からそれが可能なのか?

調べてみると、リムジンバス 八条口5:10→関空6:46ってのが出来たみたい。

これなら、バスが遅れなければ、なんとか間に合いそう。ギリギリだけど。

LCCが出来てから、間に合う電車が無くて、初めてリムジンバスを使ったんだけど、

第2ターミナル入り口ですぐ乗り降りできるので、すごく便利だった。

ということで、9:45にソウル仁川空港に到着~! これはもはや、国内旅行なみ。 ⓜ


オーレリーのホームページは、 こちら
「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2013-11-25 01:50 | ソウル旅行記

東福寺の紅葉

気候も良く、絶好の行楽日和ですね。まぁ、私たちは仕事なので、全く関係ありませんが(笑)

昨日からシェフと、X'masケーキの「今年のショコラ・ノエル」を何にするかミーティング。

「ショコラ・ノエル」は、基本「生チョコレートケーキ」で、その内容が毎年変わります。

毎年楽しみにして下さるお客様のために、一生懸命考えて、お作りしています。今年も楽しみにしていてくださいね。


さて、写真は、京都の紅葉の王様じゃないかと思っている「東福寺」です。 2、3年前に行った時のものです。

日本中で紅葉の素晴らしい場所は沢山あるとおもいますが、京都の紅葉は、なんというか、みやびというか、

艶やかどすなぁ。  では、どうぞ。



f0313330_0564646.jpg


f0313330_057659.jpg


f0313330_0572560.jpg


f0313330_0574975.jpg


f0313330_120161.jpg


f0313330_1205519.jpg


f0313330_058899.jpg



すごい!凄すぎる! <M>



オーレリーのホームページは、 こちら
「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2013-11-23 14:56 | 京都 観光

2013台北④ 愛玉

f0313330_154382.jpg


f0313330_130291.jpg


牛肉麺を食べて、タクシーで「寧夏夜市」まで帰ってきました。ここがホテルから歩いて5分の夜市です。

こじんまりとした夜市ですが、地元では「グルメ夜市」とも言われているそうです。


やっぱり、台湾に居たら、毎晩夜市でしょ。 ここをザッと通って、ホテルに帰ろうかな。

タクシー降りてすぐのフルーツ屋台で、大好物の「鳳梨釈迦頭」をカットしてもらい、ホテルで食べる用に

ビニールに入れてもらいました。 「鳳梨釈迦頭」の記事は、 こちら
そして、デザートを食べて無いので、台湾デザートの代表選手「愛玉」。

レモンジュースの中に、ぷるんぷるんのゼリーがおいし~。 ちょっと無印良品の振って飲むやつに似ている。

喉もうるおしたところで、「今日はこれぐらいで勘弁してやろう。」 とホテルに帰りました。[M]


オーレリーのホームページは、 こちら
「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2013-11-21 01:55 | 台北旅行記

2013台北③ 牛肉麺「林東芳牛肉麺」

「田園小館」で夕食後、駅までブラブラ歩いていると、何やら見覚えのある看板が。
 
「林東芳牛肉麺」  ガイドブックで見たことある! これは食べなきゃダメでしょう。

ものすごく小さくて、ものすごく流行ってます。訳分からず並んでいたら、「あっちへ行け。」と言われ

となりに別店舗があって、無事入店できました。

f0313330_0571944.jpg


f0313330_0575744.jpg


写真は、[C]が食べた 「牛筋麺」 牛肉とスジ肉(肉のむこうにある透明のやつ)ですね。

牛肉麺というと、ラーメンを想像してしまいますが、麺は日本的に言えば「手打ちうどん」に近くて、

スープもあっさり薄味です。上に柔らかく煮込まれた、これまたさっぱりした牛肉が乗ってました。

値段は130元(約400円)で、物価から言うとちょっと高めかな。結構ボリュームがあります。

小皿料理は、キャベツの酢漬け。

こういう庶民的な店には、陳列棚にいろいろな小皿料理が並んでいて、自分で取ってきます。

京都の濃い「豚骨醤油ラーメン」LOVEの私から言うと、あっさりしすぎて少々物足りないかな、

と思いますが、〆には良いかもしれません。[M]


オーレリーのホームページは、 こちら
「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2013-11-19 20:25 | 台北旅行記

柿と豆菓子をいただきました。

f0313330_12391878.jpg




f0313330_12394717.jpg



お客さまのK様に、「大枝の柿」と「豆菓子」をいただきました。

「大枝の柿」はご存じのように、西京区大枝で作られている京都のブランド柿ですね。

上品な甘さで、おいしくいただきました。


豆菓子は、「京都 豆十の花かんざし」と書いてあります。

K様から、よく豆菓子をいただくのですが、さすがにいつもおいしいです。

ピーナツを衣に包んで揚げてあり、イカやエビ、青のりやわさびなど色々な味が楽しめました。

お味は高級感がたっぷり! 170gも入っていて食べごたえありです。

しかしながら、わたくしたちにかかれば、あっという間に完食です。

ごちそうさまでした。[M]


オーレリーのホームページは、 こちら

「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2013-11-19 00:38 | いただきもの

2013台北② 田園小館

f0313330_0484589.jpg


午後8時ごろホテルに着いてすぐ、夕食にでかけました。

お店は、「田園小館」。海鮮料理店では、お約束の店入り口の水槽たち。

まず魚や貝などを選んで、重さを量り、値段が決まります。

次に、好みの調理方法で料理をしてもらいます。材料代の他に、調理代がかかります。


では、私達がいただいたお料理は、

f0313330_1103682.jpg

すごく小さなサザエのような貝を、ねぎと唐辛子で ぴりりと炒めたもの


f0313330_1143736.jpg

花ガニをシンプルに茹でたもの


f0313330_1163013.jpg

メインは、中華の王道、ハタの蒸し物。 このために、海鮮料理屋に来たと言っても過言ではない!
魚をネギとショウガと上湯と老酒で蒸して、中国醤油をかけたもの。
白飯をもらい、この身とネギと蒸し汁をご飯の上に乗せて食べると、そりゃもう天国です。

f0313330_1232330.jpg

この店では、上の魚のアラで「味噌汁」か「ネギとショウガのスープ」を作ってくれると言うので、
スープにしました。


f0313330_1254556.jpg

シメは、先ほど白飯をたべたのに、「しらすのチャーハン」


以上、どれもおいしゅうございました!

お値段は、香港の2分の1くらい。 台湾最高!!!   <M>

オーレリーのホームページは、 こちら

「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2013-11-17 01:39 | 台北旅行記

2013台北① 城市商旅

台北の滞在は、城市商旅シティスィーツ。ここも、気に行ってます。

ゴージャスなホテルではありませんが、値段の割にゆったりできます。


f0313330_1471826.jpg


おしゃれなロビーで、24時間無料でコーヒや紅茶が飲めます。

f0313330_26477.jpg

f0313330_235239.jpg


特筆すべきは、バスルーム。広々としています。


ここに決めた一番の理由は、近くに夜市があること、市場があること、おいしそうなもの屋さんが沢山あること。(M)


オーレリーのホームページは、  こちら

「最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2013-11-15 20:45 | 台北旅行記

お気に入り、ピーチ

f0313330_135087.jpg


最近は、LCCばかり。特にピーチ・アビエーションがお気に入りです。

セールがあるし、燃油サーチャージなしで、空港利用税も安い。

関空の第2ターミナルも好き。

現在はピーチ専用なので、遮るものがなにもないところにピーチの機体だけがあって

その景色がなんだか、清々しくて好きです。


クルーも若々しいサービスで、しかも男子CAはイケメン揃いときたもんだ。

「只今、機体は停止しましたが、停止したフリをしているだけですので、

シートべルトは外さないで下さい。」とか、関西弁でアナウンスしたりする。


台北からの帰り、飛行機が遅れて、「この分だと関空泊まりだな。」と覚悟していたら、

普通3時間かかるところを、まさにかっ飛ばしてくれて2時間ちょっとで帰ってきて、最終バスに間に合った。


こんなこと、まぁ 米系エアラインではありませんよね。


と、言う事でピーチが関空にあって良かった!というお話でした。  (M)


オーレリーのホームレージは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2013-11-13 13:04 | 旅行

マンゴーより、コレ。

f0313330_0354293.jpg


食べる度に、「オーレリーのお客様に食べさせてあげたい!」と、ホントに思うフルーツがあります。

それが、「鳳梨釈迦頭」

写真の右上、アメリカンチェリーの上にある、赤い座布団の上に鎮座するサボテンのような物体。


これをフルーツ屋台のおっちゃんが食べやすく剥いてくれたものが、コチラ↓


f0313330_0495463.jpg



これがもう、何と言うか、

ライチとモモと梨とパイナップルとミルクと色々、混ぜ合わせた濃密で複雑かつ魅惑的なお味!で

そりゃもう、うっーーーとりなんです。 マンゴーより、はるかにゴージャスなお味。

台湾では、別名「ミルクパイン」とも呼ばれているそうです。

高級フルーツなので、注文すると屋台のおっちゃんが満面の笑みで接客してくれます。(笑)

といっても、1つ大体700~900円位。

日本ではめったに食べられませんから、台湾に行かれたら、ぜひぜひ。



「オーレリーの最新菓子事情」はコチラ →        
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2013-11-12 01:06 | 台北