<   2014年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2013ソウル⑨ 2日目夜「ホソバンカルビ・ユッケチョンムン」

ソウル旅行記のつづきです。
2日目の夕食は、「ホソバンカルビ・ユッケチョンムン」へ。

お店に入ると、お肉のショーケースと量りがあって、お肉屋さんが経営しているようです。
頼んだのは、
f0313330_1584016.jpg

「コッサル」、日本語では「花ロース」というらしい。500gで¥4000くらい。
「え~!?500gも。」と思われるかもしれませんが、細長くカットしてあるのが4枚。
ということは、1切れ120g程。 全然楽勝じゃん!



f0313330_27418.jpg
ニンニクとオイルが入ったボウルと一緒に焼きます。日本の焼肉は、食べる分だけ
1枚づつ焼きますが、韓国ではお肉を全部乗せて一気に焼きます。
豪快です。お店の方が、せっせと焼いてくれます。お肉は、ゴマ油とお塩で食べます。
あっさりしたお肉ですが、噛むと適度な脂分がジューシーです。



f0313330_212640.jpg
他に頼んだのは、「ソワンカルビ」、
いわゆる味付けカルビですね。
300g ¥2200くらい。これは、骨付き。




f0313330_220494.jpg
焼き網いっぱいのカルビ。おいしそ~。
タレがしみ込んでて、それが焼くと香ばしくて、後を引きます。
私はこっちの方が好みでした。



f0313330_2274844.jpg
テーブルにはお約束の品々が並びます。
野菜サラダ、キムチ、
チャンジャ(タラの胃袋のコチュジャン和え)、
チョギレサラダ(ニラやサニーレタスを
コチュジャンでサッと和えたもの)、
そして、お肉と一緒に食べる青唐辛子や
エゴマの葉やサンチュなどの盛り合わせ。
本当に韓国料理は野菜をいっぱい食べられますね。



f0313330_235030.jpg
そして、お店からのサービスということで、
「ユッケ」が出てきました。
今では、日本ではなかなか食べられません。
もちろん、おいしいです。



f0313330_2371425.jpg
その後、頼んでもないのに「ムルネンミョン冷麺」2つ運ばれてきました。
なんと!これも、サービスということです。
焼肉の後の冷麺は、やはりおいしいです!


チャミソル(韓国焼酎)を飲んで、合計で¥7000くらい。
韓国は牛焼肉は日本よりも高いのですが、ここはお肉代だけで色々なモノが
出てきて大満足でした。
又、来ようっと。

韓国では、おかずがお替りし放題だったり、うどんを頼んだらビピンパがついてきたり、
気持ちいいぐらいの太っ腹なところがあって、そういうところが大好きです。



オーレリーのホームページは、 こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら

[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-03-30 03:00 | ソウル旅行記

さよなら、「グランデ」

f0313330_058495.jpg


今日23日の朝、オーレリー家に悲しいニュースが飛び込んできました。
仕事に行く前、新聞に「グランデ」死亡の記事が・・・。

「グランデ」は、京都市動物園にいるオスのジャガーです。
このブログの右上の写真が、実は「グランデ」なんです。

Ⓒは動物が大好きで、すごく詳しくて、その影響で動物園によく行くのですが、
ウチの休みは月曜日が多くて、京都市動物園も休園日が月曜で、なかなか行けないのです。
でも、ちょうど先月の中頃、1年ぶり位に行って「グランデ」も見てきたのですが・・・。

「グランデ」に会ったのは、数年前。
ちょうど「グランデ」の奥さんが数日前に死んじゃって、グランデは「しょぼ~ん。」としていたの。
もらったエサも全然食べなくて、その姿が本当に悲しそうで、
あんなにしょんぼりしている動物を今まで見たことがない!ってぐらいで
すごく印象的で、それ以来気にかけていたのです。

グランデは人間で言うと100歳位の超高齢らしくて、後ろ脚も悪くなって、引きずっていました。
いつも食欲ない感じだったけど、更に食べなくなってしまったらしいです。

グランデの写真もたくさん取ったんだけど、無くなったり、いいのがないので、
京都市動物園のHPから、在りし日の「グランデ」の写真をどうぞ。 so cute!

今話題の(なってない?)神戸動物園の双子の赤ちゃんジャガーより10倍可愛い「グランデ」、
どうぞ天国でお幸せに。
f0313330_140092.jpg


ちなみに、Ⓒは今日まで、「ヒョウ」と「ジャガー」は一緒のものだと思っていて、
実は違う事を知って、すごくショックを受けてた!
皆さんも知ってました?



オーレリーのホームページは、こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら

[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-03-24 01:46 | 日々の出来事

「伊賀漬」と「子持ちしぐれ」と「味ごま」

f0313330_23051.jpg

Kさんから、
「伊賀漬け」というお漬物をいただきました!

Kさんの奥様によると、このお漬物は昔は「ウリ」の中に大根やシソが詰まっていて、
それを切って食べたそうですが、今はこのように刻んであるそうです。
お味は、「きゅうりのキュウちゃん」を高級にしたカンジ。
早速、お茶漬けでいただきました。




f0313330_233435.jpg


f0313330_23545.jpg

そして、その後又、Kさんから伊勢のお土産と言う事でいただいた「子持ちしぐれ」。

伊勢で採れた貝と昆布の佃煮のようなもの、奥様が以前からお好きなモノらしいです。
コリコリ、食べだすと止まりません。





f0313330_241031.jpg

そして、同じく伊勢のお土産「味ごま」

いわゆるゴマのふりかけですが、醤油味がすごく香ばしくて、濃厚です。
ⓒがすごく気に入ったようで、いそいそとおにぎりを握ってつけておりました。


Kさん、ごちそうさまでした!




オーレリーのホームページは、 こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら

[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-03-22 02:01 | いただきもの

2013台北⑬ 3日目 「奇福扁食」 

3日目朝、タクシーで「南門市場」に向かい、
辛い豆とかおじゃこなどのおつまみ系のスナック菓子のようなもの、
あと、これまた大好物のビーフジャーキーなどのお買いもの。

その後、早めの昼食でもと言う事で、市場の周りをぶらぶらして見つけたのが、
f0313330_18122688.jpg

「扁食」は、「ワンタン」のこと。 つまり、ワンタン屋さんってことですね。


注文したのは、
f0313330_18125217.jpg

「エビ入りワンタンスープ」 

王道ですね。 あっさり、おいしいです。
でも、香港の方が私は好きかな。 (香港のエビワンタンの方が濃厚。)



f0313330_1813932.jpg

「あえ麺」 

ピリ辛肉味噌とラー油をぐるぐる混ぜます。 これは、結構おいしかった!
でも、量が少なすぎ!!


f0313330_18132492.jpg

これ又、麺屋の王道「油菜」

間違いのない、おいしさ。 
季節の野菜などをサッと湯通しして、オイスターソースや中国醤油をかけたもの。


えっ! これだけ?! 私たちにしては少なすぎ?!  
まだまだ、「早めの昼ごはん」だからネ。
適当に入った店だけど、「あえ麺」がおいしかった。
この辺りは、もっと散策してもいいかも。
市場の周辺はおもしろいし、おいしいものも一杯あるからね。




オーレリーのホームページは、こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、こちら

[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-03-19 01:56 | 台北旅行記

2013台北⑫ 夜市1番のお気に入り

台湾デザート屋さんからホテルまで帰る途中には、いつもの夜市。  
素通りなんて、絶対ムリ。 さぁ、大好きな「いつものヤツ」を買うぞー!!!


f0313330_0502471.jpg
入り口のフルーツ屋さん。
さすが、フルーツ王国「台湾」。
とっても、カラフルです。
少しだけ食べたい人のために、
ビニール袋入りのカットフルーツが便利。


f0313330_101441.jpg
そして、
私が台湾の夜市で
1番好きなものが、コレ!
店の前には、人だかり。 
とっても人気があります。


f0313330_12068.jpg
色々な野菜に、ソーセージや串に刺した
お肉、豆腐やお餅が前に並んでいます。
そして、備え付けのトングを使って、
アルミのボウルの中に好きなモノを
取って入れます。
それをお店の人に渡して、番号札を
もらいます。



そして、出来上がったのが、
f0313330_17954.jpg
「ピーマンとブロッコリー」




f0313330_17277.jpg
「エリンギ」


f0313330_1105346.jpg
「大好きなイカ」



そうなんです! これは、「焼き物・揚げモノ屋さん」。

好きなモノを選んで、揚げてもらったり、焼き鳥のように焼いてもらったりします。

「揚げ物」は、素材によって「素揚げ」だったり、薄い衣がついてたり、
魚や肉系は台湾バジルと一緒に揚げてあります。
揚げた後は、「塩胡椒」や「唐辛子」をふりかけてくれます。

揚げたてのピーマンやブロッコリーなんか、もうサイコー!のおいしさで、
これを食べる度に、「あぁ~、台湾に来て、良かった~。」と思える。
材料を色々変えて、毎晩買っちゃいます。






ホワイトデーのギフトで、バタバタ忙しい毎日でしたが、ようやく一段落いたしました。
ご注文ありがとうございました。

3月は、お別れや新しい生活の用意など、ご進物の多い季節です。
ギフト商品は、4月上旬までご用意しております。




オーレリーのホームページは、 こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら

[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-03-14 01:44 | 台北旅行記

2013台北 ⑪ 「雙連圓仔湯」

雨の夜市を早々に退散して、地下鉄で最寄り駅へ。
駅からホテルまでの帰り道にあるのが、老舗の甘味屋さん「雙連圓仔湯」。
台湾デザートのお店です。


f0313330_0541570.jpg


カキ氷に、アズキ、ピーナツ、蓮の実、ひよこ豆など色々な豆がのったモノ。
色々な豆は、極々少ない砂糖水でただ茹でただけ。
カキ氷をこのお豆さんの甘さだけで食べるのです。

ちなみに、トッピングは豆だけではなくて、フルーツや白玉など20種類ぐらいあって
好きなモノをのせてもらいます。 これは、メニューから選びました。

カキ氷好きのⓒは、どこに行ってもカキ氷があれば絶対食べます。
ハワイでは、「シェーブアイス」、ソウルでは「パッピンス」、
でも、やはりチャイニーズ系のカキ氷が1番おいしいし、1番好き。


そして、
f0313330_124760.jpg


「これぞ、中国デザート。」というべきもので、デザートスープです。
入っているのは、アズキなどの豆類、龍眼、白きくらげ、白玉など。

香港では、「糖水」といわれるものです。
甘みは、氷砂糖と中に入っているドライフルーツ、あるいは柿や梨などのフルーツからでる自然の甘みのみ。
これも、入れるものは自分で選べます。 冷たいのと熱いのが選べて、これは冷たいもの。


このように、中国系のデザートは、素材の味だけで勝負しているものが多く、食べ飽きません。
そして、中国では「医食同源」、
やはり体のどこどこに良いとかを考えて、デザートも作られるのです。
そして、こんなお店がいたるところにあって、気軽に楽しめます。


前に来た時、食べたのは、
f0313330_216094.jpg

カキ氷に、あんこ、金時豆、蓮の実、タピオカ、丸いのは白玉ではなくて「芋団子」


f0313330_2161419.jpg

蓮の実と白玉が入った、ピーナツのお汁粉



どれも、おいしそうでしょ?





オーレリーのホームページは、 こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-03-06 20:00 | 台北旅行記

個性的ベーコンとみぞれ鍋

f0313330_14273.jpg


伏見のKさんから、おいしいベーコンをいただきました。
このベーコンをいただいたのは、3回目。

見よ、この正統派のたたずまい。 写真からも漂う「高級感」。


f0313330_152161.jpg
それも、そのはず。 
包み紙に自ら、
「高級牛肉」と書いてあります。


f0313330_152318.jpg
お店は、ココ。


特徴は、かなり強いスモークと塩分。 とっても、個性的です。 

でもまぁ、ベーコンは塩がきいていて当たり前で、その方が断然おいしい。

でも、個性的すぎて、料理を選んでしまうところがある。

濃厚な味なので、そのまま焼いただけで食べるのがおいしそう。


Kさんの冬のおすすめは、これ。
f0313330_153141.jpg
「みぞれ鍋」



薄目のお出しに、たっぷりの大根おろしを1本分、投入。
そこに、豆腐とベーコンだけ。
火が通れば、できあがり~!


f0313330_1533294.jpg
グツグツ煮えて来たー。
では、いただきます!
ポン酢とか、タレとかつけずに、
何もつけないで、そのままおダシごと
食べます。薬味は、ネギ。




おいし~い!!!


味付けは、ベーコンから出るダシと
塩分のみのシンプルさ。 他の味付けは「なし」です。

お鍋というより、スープかな?ゴクゴク飲めます。

Kさんは、「豆腐とベーコン以外、他のモノは入れない方がいい。」とおっしゃってましたが、
半分食べたところで、エノキとお餅を投入。 
これが、大正解でした。
エノキもピッタリだし、お餅は大根おろしが絡まって、サイコー!

〆は、うどん。 最後の1滴まで、キレイになくなりました。
あ~、おいしかった。  

これは、ウチの定番になりそう。  でも、このベーコンでないとダメかな?

ごちそうさまでした!





3月の「頒布会」、ホワイトデーのギフトなど、ホームページをアップしました!
おいしくて、素敵なプレゼントはいかがですか?




オーレリーのホームページは、 こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-03-02 01:58 | いただきもの