<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2013台北⑱ 最後の晩餐その2 「ひげ張」のルーロー飯

毎晩W杯を観ていたら、すっかりブログの更新を忘れてました。
昨日も5時から応援していましたが、負けちゃいましたね。 残念!

さて、台北旅行記の」つづきです。
台北最後の晩、1件目で控えめに食べて、ホテル近くの夜市をブラブラ。
そして、最後だからと、すごく有名なこのお店へ。

f0313330_13265375.jpg

台湾名物 「髭鬚張」の「ルーロー飯」

子供用ほどの小さなお椀に盛られた白米の上に、豚のトロトロ角煮。
もうこうれは、日本人なら「大好き!」なお味。 値段は¥100くらい?





f0313330_13271852.jpg

「海老のすり身揚げ」

海老のすり身を湯葉に包んでいるのでしょうか?
揚げたてアツアツを辛子醤油で食べます。 
これも実は小さくて、1本が親指くらいの太さで12Cmくらいです。
台湾は、なんでも小さいです。
これも台湾名物なのでしょうか。 これを「ウリ」にしているお店が多いですね。





f0313330_13274485.jpg

「青菜のニンニク醤油炒め」

青菜はホウレンソウだったかな。 
青菜を上湯とおろしニンニクと中国醤油でさっといためたもの。
中華料理の定番で、どこででも食べられる料理ですが、
なぜか日本のレストランではなかなかこの味にならないという料理です。





f0313330_1328428.jpg

「もやしのニンニク醤油炒め」

上の↑ のもやし版。
どちらもすごくおいしいです。

台湾料理って、ホント日本人の口に合うし、量も少ないし、日本人向きですね。
全部おいしくいただきました!






オーレリーのホームページは、 こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-06-26 13:46 | 台北旅行記

2013台北⑰ 最後の晩餐その1 「欣葉」

台北最後の晩餐は、台湾料理の人気店「欣葉」へ。
観光客や駐在の人など、いつも日本人が沢山いるので、初めての人でも大丈夫。

そんなお店ですが、「ハタの蒸しもの」など好きな料理が結構安く食べられるのと、
近くに夜市があって、食後にぶらぶらできるので何度か行きました。


さて、今回注文したのは、
f0313330_1261726.jpg

「しじみの醤油漬け」

台湾と言えば、コレでしょう!  って、実は台湾で食べるのは初めて。
生のしじみを中国醤油とお酒とニンニクにつけたもの。
あさりと見間違えるくらい大きなシジミは、身がプリッとして、醤油が染みてトロッ。
生っぽいものが苦手な人はダメかも。




f0313330_1271833.jpg

「アサリの台湾バジル炒め」

いつもウチが食べているショボイのとは違って、台北のアサリは大きくておいしいので
アサリ料理をよく頼みます。 シンプルにバジルと中国醤油の味付け。アサリが激ウマ。




f0313330_1274788.jpg

「いかのつみれフライ」

いわゆる「イカ団子」ですが、新鮮なイカのみを包丁で叩いて丸めて、揚げただけのシンプルなもの。
塩コショウで食べます。




f0313330_1281450.jpg

「腸詰(手前)」と「湯葉巻きの揚げたもの(奥)」

「腸詰め」は云わば「ソーセージ」ですが、香港より、北京より、台湾のものが好みです。
見た目は同じですが、味は場所によって、かなりの違いがあります。
ちなみに私が1番好きなのは、神戸の「青葉」の腸詰め。

「湯葉巻き」はお肉とタケノコなどの野菜と一緒に巻かれていて、さっぱり食べることができます。





f0313330_129268.jpg

「わたり蟹のおこわ」

必ず注文する、「蟹おこわ」。 もち米の上に蟹をのせて、蒸しあげたもの。
「おこわ好き好き」Ⓒも大喜びのおいしさ!
カニの鮮度も味もよく、値段も香港の半額くらい。
大きなセイロで蒸して運ばれてくる「蟹おこわ」を店員さんがよそってくれます。
お茶碗に4杯ぐらいあります。 思わず、「もうひとセイロ!」と叫びたくなる。
季節にもよりますが、この時はミソも卵もたっぷり。

以上、残さず、おいしくいただきました!


さぁさぁ、最後の夜!  次に行くぞぉ~!





オーレリーのホームページは、 こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-06-14 14:50 | 台北旅行記

日本酒 「鶴の友」と「千代の光」

f0313330_13221838.jpg


f0313330_1339266.jpg

東京のお客様Sさんから、新潟の清酒をいただきました!

Sさんはいつも三つ揃えのスーツでビシッと決まっている、京都が大大大好きな90才のジェントルマン。

ご出身が新潟と言う事で、「新潟の自慢だから、一度飲んでみて下さい。」と
新潟から取り寄せていらっしゃる日本酒をわざわざ送って来て下さいました。
Sさんによると、新潟のお酒は濃くて辛口、京都のお酒は甘いそうです。

Ⓒはどちらかと言えば「大酒飲み」ですが、実は日本酒は余り飲んだことがなく、よく知りません。
ということで、Ⓒ一人で飲んでいても面白く無いので、
あるお客さまがいらっしゃった時に、プチ「日本酒バー」の開店です!

珍しい銘柄と日本酒通の方のご推薦と言うことで、そりゃぁ~、おいしくて、
すごく盛り上がりました。

「こんなおいしいお酒を送ってくれるなんて、いいなぁ。」と羨ましがられましたよ。

ワタクシの感想?
すみません、実は一滴も飲めないんです。


Sさん、いつもありがとうございます!





オーレリーのホームページは、 こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-06-07 00:06 | いただきもの

ホタルイカの干物

f0313330_1310119.jpg


いつも元気なお客様Yさんから、「ホタルイカの干物」をいただきました!

帰省された折りに朝市で見つけたそうで、イカ好きのワタクシのために、
日持ちがしないと京都に戻ったその足で届けて下さいました。
わざわざ、ありがとうございました。




f0313330_13144786.jpg


見た目は、こんなの。 「干からびた宇宙人」みたいです。




f0313330_13152999.jpg


サッと炙って食べるそうです。 
では、いただきます。



なんと!
「!!!!!!」  おいし~いィィィィ、です!

ホタルイカを丸ごと干してあるので、ワタや墨が半生でじゅわ~と染み出て、
これがたまりません!

わたくしのようなスルメ好きにとって、胴体とワタと墨を一緒に味わえるということは、
まさに「理想のスルメ」といえるでしょう。 ←大げさ?
だって、イカのワタとか、墨ってすごくおいしいけれど、大きなイカを丸ごと干すのって無理でしょ。


やはり、地元でしか食べられないおいしいものって沢山あるんですね。
Yさん、ごちそうさまでした! いつも気にかけて下さって、ありがとうございます。






HPに、6月の頒布会のケーキをアップしました!


オーレリーのホームページは、 こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-06-03 13:40 | いただきもの