<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ナンバー1の組み合わせ 「ミョウガのベーコン巻き」

f0313330_27332.jpg


ご紹介が後先になりましたが、夏頃に伏見のお客様Kさまから、
またまた、例の「個性派ベーコン」をいただきました!

以前の記事はこちらをどうぞ。 



何度かK様からいただいて、大好きになったこのベーコンの最大の特徴は、
「塩とスモークが強いコト!」


えっ!? 身体に良くない?
何か、問題でも?

塩もスモークもきいてないベーコンなんて、おいしかないでしょ!




と、言う事で、
このベーコンの最強の料理は、コレ。
f0313330_2155890.jpg

じゃ~ん♪ 「ミョウガのベーコン巻き」


ちょっと、ぐちゃぐちゃでなんだかわかりずらいけど。

休みの日お昼のワイドショーで、ミョウガ農家の人が「1番ミョウガのおいしい食べ方は、ベーコン巻き!」
と言っていたのをずっと覚えていたので、いつか作りたいと思っていました。
そしたら、こんなおいしいベーコンをいただいて、「これは作らなきゃ。」って。


さて、お味は、、、、、

ビックリ!!! 幸せ~❤なお味。


ベーコンの塩気と油で、ミョウガがトロトロッ。 天にも昇る、おいしさです!
これはもう、「割烹料理屋」レベルでしょ。


作り方はカンタン。
1.ベーコンを半分に切って ←セコイ訳ではありません。塩辛くなりすぎるので。
2.ミョウガに巻いて、フライパンで焼くだけ。
以上!



確かに、作り方は簡単なんですが、、、、でも、、、

我が家がいつも買う「安~いベーコン」じゃ、こんなに高級な味にならないでしょうね。
こんなにおいしいベーコン巻きを食べちゃうと、他のベーコンでは物足りない!
ってな、贅沢な口になってしまいますぅ。。。


K様、いつも本当にありがとうござます! ごちそうさまでした!




HPで、
「今年のX’masケーキ」や「冬のギフト」をご紹介しています!
どうぞ、ご覧下さいませ。




オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-11-29 02:48 | いただきもの

カンボジアとパリのおみやげ

夏の頃、お若いカップルのお客様からお土産をいただきました!



Mさんは、カンボジアにいらっしゃるお父様を訪ねていかれたそうです。

f0313330_124336.jpg

中は、こんなの。
f0313330_134088.jpg

カンボジアの「ブラック&レッドペッパー」
「ピンクペッパー」は知っているけど、「レッドペッパー」って、どんなんだろう?

食べ比べてみるとよくわかりますが、こしょうは色によって味が違います。
辛さの少ない、フラワリーな風味の「ピンクペッパー」は、
フルーツやチョコレートなどのアクセントになり、オーレリーでもよく使います。

*オーレリーのケーキの上にピンクペッパーが乗っている時は、デコレーションのためだけでなく、
  味のアクセントとして使用していますので、よけてしまわずに、どうぞ一緒に食べてみてくださいね。




それと、
f0313330_1455.jpg

中は、
f0313330_110176.jpg

カンボジアの「パームシュガー」






そして、Nさんはご自分の研究のため行かれたパリのお土産を。
f0313330_1222463.jpg

中は、
f0313330_1224849.jpg

クリッパーの「レモンティ」

「クリッパー」って全然知らなかったのですが、有名なんですね。
日本で買えるみたいです。

これ、紅茶かと思っていたら紅茶ではなくて、レモンの味だけのレモンティでした。
紅茶というより、ハーブティですね。




カップルでカンボジアとパリ、グローバルなお二人です。

いつも、お心遣いありがとうございます。






「今年のX'masケーキのご案内」
            「冬のギフトのご案内」をUPしました!


詳しくは、ホームページをご覧ください。




オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-11-18 00:54 | いただきもの

大好き!香港

f0313330_0441312.jpg

私たちの大好きな街「香港」。
ここは、
香港島のセントラル(中環)からションワン(上環)に向かう途中の坂道にある市場です。



20数年前私たちが初めて行ったアジアが、「香港」でした。
まだ、中国に返還される前のイギリス領で、空港も今の「チェクラップコク国際空港」ではなくて、
あの悪名高き、九龍城にあった「カイタック空港」。

この「カイタック空港」は、香港・九龍島の市街地の中にあって、沢山の建物が密集する所にジャンボ機が着陸する、
「世界一着陸が難しい空港」と言われ、香港のあの百万ドルの夜景の中に突っ込んで行くような着陸は、
「香港アプローチ」と呼ばれていました。



この空港に夜の10時すぎに到着して、ホテルのあるチムサーチョイまでのタクシーの中で見た、
あの香港のきらびやかな看板のネオンに、ものすごくワクワクして、いっぺんに大好きになりました。


そして、一番衝撃的だったのが、「食べ物」。 「中国料理」でした。
この初「香港」以来、私は「中国料理研究家」(笑)となりました。



と言う事で、これからは、このブログでも
大好きな「香港」や「北京」や「中国料理」などの素晴らし~いところをいっぱい紹介していきますよ~♪




オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com


「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-11-17 00:43 | 香港

秋栗と栗きんとん

f0313330_122088.jpg

今年も、伏見のお客様Kさんから、広~いお庭で採れた「くり」を沢山いただきました!


Ⓒは大変な「栗マニア」なので大喜びです!


さっそく、教えていただいた通りに茹でましたよ。

Kさんちの栗は、家の庭で採れたとは思えないほど、ハイクオリティです。

「今年のは、おいしいよ。」と、おっしゃっていたとおり、小粒ですが甘味が強く、ホクホクしています。

カニとかフルーツとか、「食べるのがめんどくさい。」と手を出さないⒸですが、「栗」だけは別。

文句を言わず、せっせ、せっせと剥いて食べています。




そして、こんなものも作っていました。 ↓
それが、



f0313330_13162178.jpg

「栗きんとん」

和菓子やさん、真っ青! と言うぐらい、おいしく出来上がっていました。

Ⓒが愛する「栗」の和菓子の中でも1,2を争う、「恵那寿や」の「栗きんとん」みたいだったよ。



Kさん、毎年どうもありがとうございます! 
ごちそうさまでした。






オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com


「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp

[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-11-13 23:45 | いただきもの

うちのオムライス担当

f0313330_13152769.jpg


我が家では、晩ごはんを作る時に、料理によって担当があります。

Ⓒの担当料理ももちろんありますが、その中でも絶対に担当しなければならないのが、

じゃ~ん! 「オムライス」です。



Ⓒはオムライスを作るのが、めちゃくちゃ上手です。
なんなら、オムライス屋をやってもいいぐらい。

Ⓒは、オムライスには細かいこだわりがあります。
Ⓒいわく、
今流行りの半熟オムレツを上にのせて出てきて、ナイフで切って、トロッとさせるタイプは邪道だ!!!!
と、申します。


Ⓒの好きなのは、昔からあるフライパンに卵を流し入れ、ご飯をのせて、
フライパンの柄を「トントン」と叩いて、包むやつ。

これでないと、本当のオムライスとは言えません。
Ⓒにとってオムレツタイプのは、「オムレツがのったケチャップライス」だそうです。



と言うことで、オーレリーのオムライス(?商品ではありません)は、

中のご飯は、玉ねぎとニンジンとピーマンとソーセージ入りケチャップライス。 ←チープですね(笑)
そして、たまごは薄焼きで、Ⓒが器用に「トントン」して、ご飯を包みます。
写真では判りませんが、コレ、ご飯がお茶碗2杯ぐらいあるビックサイズ。

これを「トントン」で包むって、アンタ、どんだけ上手なんや!

Ⓒの「オムライス用」のフライパンがあるほどなんですよ。

もちろん、味もおいしくて、Ⓒのオムライスよりも美味しい店の方が少ないくらい。
皆さんには、食べていただけないのが残念です。



ということで、私は今まで一度も、「オムライス」を作ったことはないのです!


f0313330_13154822.jpg

お皿から、はみ出るほど、大きいオムライス。




オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp

[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-11-08 03:11 | 日々の出来事

宇和島の「じゃこ天」

f0313330_12501661.jpg


お客さまの意匠工芸作家のHさんは宇和島のご出身で、
よく宇和島名産のフルーツなどを下さるのですが、今回は 「じゃこ天」をいただきました!

瀬戸内と言えば、おジャコ。  京都なので、「お」を付けます(笑)。





f0313330_12504080.jpg

この「じゃこ天」も、名物だそうです。
おいしそうですね。 揚げ天は大好きです。






f0313330_1251794.jpg

軽くあぶって、大根おろしとしょうがで食べるとおいしいと書いてありましたが、「しょうが」がなかったので、七味で!


写真はありませんが、中は白ではなく、おじゃこをつぶしているので、少しグレー色です。
おじゃこの味が濃いですね。
弾力があって、おいしかったです!



Hさん、ごちそうさまでした! ありがとうございました。








11月頒布会のケーキをUPしました!
タルト・タタンのご予約受け付けも始まりました!





オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com


「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2014-11-01 18:07 | いただきもの