<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

世界一の焼甘栗は、北京にある。

f0313330_1181079.jpg

北京 「秋栗香」


前回でお話した焼甘栗で、栗マニアのⒸが今のところ、「世界一」と思っているお店が北京にあります。
それが、

「秋栗香」。

名前もステキでしょ。


日本の「天津甘栗」は、中国では「糖炒栗子」と言います。
それから、中国にも天津にも、「天津甘栗」はありません。







f0313330_1215272.jpg

北京っ子にも大人気の焼き栗屋さんなので、1日中20~30人以上の行列ができています。
中国の人もちゃんと並びます。

って言うか、日本では中国人はちゃんと並ばないって言うけれど、
北京では私達が思っているよりは、結構きちんと並んでいると思います。
お店とか銀行とか大体はきちんと並んでいるけど、地下鉄は全然並んでいなかったかな。




何かのために行列に並ぶのは嫌いな私達ですが、並ぶ価値のあるものは別!!!
気温マイナス5℃の中、じっと焼き上がるのを待ちます。








f0313330_1323480.jpg

茶色の袋に赤い文字のパッケージも、とっても可愛いのです。
買い方は、1斤500g単位です。
初めて買った2006年当時は、1斤500gが驚きの!!! 8元(約100円)でした!
私達は、いつも10斤(5kg!)の爆買い。(って、しょぼい。)








f0313330_1431895.jpg

中国の河北省で採れる栗が、コクと甘みが強く、実がポロっと剥きやすく、焼き甘栗に向くということで、
京都の老舗甘栗屋さん他、日本の焼き甘栗も河北省から輸入しています。

もともと、甘みの強い栗をさらに蜜をかけながら石焼きにするのですから、
そりゃもう、おいしいに決まってますね。

「秋栗香」では、そんなおいしい栗をさらに厳選したものだけを焼いている、まさに粒ぞろい。
私達が「世界一」と思う、焼き甘栗です。




只今、サーバー事情のため、
ホームページが正常に表示されない場合があります。
ページを更新していただくか、数日後にもう一度
アクセスしていただきますようお願いいたします。




オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2015-11-19 02:13 | 北京

林万昌堂 「純天津甘栗」

f0313330_17322032.jpg

f0313330_17323747.jpg

林万昌堂の「甘栗」
以前から、「純?」ってついていたっけ?!

いつも元気いっぱいのY嬢から、林万昌堂の「甘栗」をいただきました!
超栗マニアのⒸが一番好きなのが、「焼き甘栗」。
海外に行ったときでも、焼き栗があれば必ず買って食べます。
もちろん、この林万昌堂の栗は大大大好物です!





f0313330_17325487.jpg

中の栗は、さすが!粒ぞろいです。
ここの焼き栗はお高いですけど、皮がむきやすくて、食べやすいんです。

「焼き栗」は、ただ焼いただけのものと、
「天津甘栗」のように小石のようなものと一緒に、蜜をかけながらやいたものがありますが、
ダントツに「天津甘栗」の方がおいしい!




Ⓒは、私の大好物の「松葉カニ」のことを、
「別に嫌いじゃないけど、食べるのがめんどくさい。」とか言うくせに、
焼き栗は、
「一切、面倒くさくない!」  
らしい。


北京に行くようになり、大好きな「焼き栗」屋さんが出来てから、
林万昌堂で買わなくなってしまったので、
久しぶりの林万昌堂に、大興奮のⒸでした。


Y嬢、いつもありがとうございます!





オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2015-11-11 16:24 | いただきもの

小藤屋の「豆っ子太ちゃん」

f0313330_12493564.jpg

Ⓒの香港つながりの友人である、東京在住のバリバリキャリア嬢Hさんから、
こんな可愛らしい箱が送られてきました。





f0313330_12495767.jpg

中の「のし」も素敵です。





f0313330_12501778.jpg

小藤屋の「豆っ子太ちゃん」

中には、このようなお菓子がぎっしり入っていました!



f0313330_12505488.jpg

ピーナツやアーモンドがぎっしり入った、これは「おこし」というのでしょうか?
それとも、「おせんべい」?
フランス菓子でいうと、和風「クロッカン」?!



直径10cm以上、厚さも2cmはあって迫力あります。
1枚いただくと、結構なボリュームです。

「ピーナツ」 「アーモンド」の種類に、「しお」「みそ」などのお味があります。
これが、結構しっかり、「しお」が効いていたりして、おもしろい。
やっぱり、江戸っ子はキリっとしていないといけません!


以前、やはりHさんから何枚かいただいて、すごくおいしかったのですが、
ナッツ好きの私たちのこと、Ⓒと取り合いになりましたが、
今回はこんなに沢山送っていただいて、すっかり堪能させていただきました。



Hさん、どうもありがとうございました!






今月の頒布会のお菓子をHPにアップしました!
今月は、伝統菓子「ガトー・バスク」です。




オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2015-11-01 11:24 | いただきもの