<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2016 北京② 「雍和宮」

北京旅行記のつづきです。

「国子監」に入れなかった私達ですが、この「国子監」エリアの近くには、
実はもっとメジャーな観光スポットがあります。

f0313330_23255464.jpg

「雍和宮」

北京最大のチベット仏教寺院です。
漢、チベット、満州、モンゴル各民族の文字で「雍和宮」と書かれています。
実は、西洋人にとっても人気のあるスポットです。







f0313330_23321541.jpg

「線香屋さん」

「雍和宮」の入り口近くには、こんな「お線香屋さん」(花火屋さんではありません)が沢山立ち並びます。
中国のお寺は、日本のように現金のお賽銭はなく、ただお線香やフルーツなどのお供えをするだけです。








f0313330_23344076.jpg

f0313330_2335293.jpg

f0313330_23355441.jpg
f0313330_23361175.jpg


中に入ると、こんな素敵な建物があります。










f0313330_23391458.jpg

「マニ車」

「マニ車」とは、側面にマントラが刻まれていて、中に経典が納められているチベット仏教の仏具で、
回した数だけお経を唱えるのと同じ功徳があると言われています。

「チベット仏教じゃないけど、回すだけで功徳があるなんて、もちろん回すで~。」と
欲深い私達。








f0313330_23461445.jpg

「ご本尊様?」

薄暗い建物に小さな入り口が開いてて、そこを覗きこんでみたらば、このような仏さまの像があって、
写真撮影禁止って書いて無かったので、1枚だけ撮ったのだけど、
その後、写真撮っていた人は、お坊さんに撮っちゃダメって言われてました。
実はお宝ショット!?







f0313330_235345100.jpg

大好きな屋根飾りー「神獣人形」


中国の建物の屋根には、陶器のこんな人形が並んでいます。
位が高い人の建物ほど、人形の作りも精巧で、人形の数が多くなっていきます。
私はこの人形を見るのが大好き。
1番好きなのは、もちろん北京の故宮博物院のものですが、
この「雍和宮」のもすばらしいですね。



こんなふうに、北京には歴史的な建物が沢山あって、素敵な街ですよ。








オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2016-02-22 00:47 | 北京旅行記

2016 北京① 久しぶりのBEIJING

クリスマスに引越しと、怒涛の年末を乗り切った新年。 久しぶりに旅行に行きました!
と言っても、マイレージの消化のためだけど。


行先は、4年ぶりの大好きな「北京」❤

マイレージをANAコインに換えて、
会員専用ツアー「ニューオータニ長府宮クラブフロアに泊まる北京4日間」に申し込みました。
ツアーと言っても、飛行機&ホテルのみのフリーツアーです。







f0313330_094023.jpg

「ANAー737」

最近はLCCにしか乗ったことがないので、久しぶりのANA。
久しぶりに第1ターミナルに行ったら、出国するのに時間がかかって、疲れた~。







f0313330_023619.jpg

f0313330_0234247.jpg

f0313330_0241251.jpg


そして、機内食も久しぶりに見た!

メインの「海老と帆立貝のドリア」と、サイドの「生野菜サラダ」「佃煮と切干大根とかまぼこ」???
デザートは「バナナブレッド」。

生意気言うようですけど、機内食は苦手なので手をつけません。ごめんなさい。
これ一度、「機内食要りません。」と言ったら、「ダメです。」と言って無理矢理テーブルに置かれてから、
反抗せず大人しくもらうようにしています。(笑)

でも、機内で飲むコーラはおいしいから、缶ごと欲しい。



以前は月曜日に出発することが多かったので、出張サラリーマンでいつも満席だったけど、
今回は土曜日出発だったせいか、3-3席の小さな「737」なのに、機内はガラガラ。
お陰で、ゆったりゆっくり過ごす事ができました。








f0313330_0465539.jpg

「ニューオータニ長府宮飯店」

3時間半で北京に到着です。
行きはホテルまでの専用車送迎がついていたので、到着ゲートでガイドさんと合流してホテルまで直行です。
ホテルがあるのは、建国門という外国の大使館があったり、TV局があったり、
「W」「セントレジス」などの高級ホテルがあるエリアです。

今回の「ニューオータニ長府宮」は、初めて宿泊します。
ホテルの裏側は一流商社マンや官僚などが北京駐在員とその家族が住む高級コンドになっています。
何でも、奥様が週に2回お買い物にいく専用バスもでるとか・・・・。すごいですね。

一応、高級ホテルという体ですが、内は改装していますが、建物自体は古いので、
華やかさはアメリカ系のホテルには及びません。








f0313330_1175436.jpg

北京・東城区 「国子監」

そして、荷物を解くのもそこそこに向ったのが、「国子監」。
「国子監」とは、昔の中国の最高学府。
つまり、東大や京大のような教育機関や行政機関が集まっていたところで、
現在は博物館や資料館などが残るのみですが、元・明・清3代に渡って残っている建物が
重要文化財に指定されています。

これはその国子監エリアの入り口にある門ですが、とっても素敵ですね。
北京のこのレベルの建物は、細部に至るまで細かい細工が施されていて、本当にステキ❤


しかしっ!
博物館の見学時間に間に合わず、入る事ができませんでした。
う~ん、残念。



つづく。




バレンタンデーのご注文、ありがとうございました!
頒布会のケーキ、その他のチョコレートケーキなどは
2月末までお作りしています。ご注文をお待ちしております。







オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp











[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2016-02-13 00:52 | 北京旅行記

永田町 「山の茶屋」の鰻

1月の下旬から、何年か振りにⒸと共に、大風邪をひいてしまいました。
39度の熱が出て、フーフー唸って寝込んでいたら、宅急便がピンポ~ン♪

f0313330_173888.jpg

東京・永田町 「山の茶屋」?

さて、これはなんでしょう?!





f0313330_1111792.jpg

f0313330_1461764.jpg

「鰻の蒲焼」

開けてみて、びっくり!!!!
こんなおいしそうな、鰻の蒲焼が入っていました!!!
「山椒」の包みもこんなにステキ❤




キャー、うなぎだ!うなぎだ!
実は「うなぎ」は子供の頃から大好物です。(誰でもですよね)

しかし、ここ数年の値段高騰で、もう何年も食べていません。。。。
と言うのも、生意気を言うようですが、結構な金額出して奮発しているのに、
(と言っても、¥2000位ですけど笑)
どーしても「うなぎの泥臭さ」みたいなのが気になって、「ガッカリ。」みたいな。。。
そんなこんなで、うなぎをいただくのは久しぶり。




ところで、
「山の茶屋」さんは、東京・永田町の江戸前の鰻会席のお店だそうです。
S様によると、150年まえからあるお店だそうです。



なんだか、永田町というだけで、お高そうではありませんか?
ちょっと、ホームページをのぞいてみて、ビックリ!!!

8年連続、ミシュランの星を取っているようで、うなぎで星をとっているのはここだけですって!
なんと完全予約制ですって!!!
お昼は10000円から!!!!

国産の最高級うなぎだけを扱っているそうです!!!


うーーーーん、さすが!S様。
召し上がっていらっしゃるものが違います!!




さて、肝心のお味ですが、
「泥臭い」なんて事はもちろんなく、実はしっかりした味があり、皮まで美味しい。(当たり前だっての)
「おいしい」ではなく、「美味しい」。

そして、江戸前うなぎなので、一度蒸してあるのでしょうか?
あっさり、本当にあっさりしています。
そして、タレも江戸前風に甘さ控えめな「キリッ」としたタレです。


こんなに美味しい(高級な)鰻を食べたのは、生まれて初めてです!
とS様にお伝えしたら、
「東京にいらっしゃい、いつでも食べさせてあげますよ。」って。

ハーイ、今すぐにでも「飛んでいきます!」


本当にありがとうございました。
お陰さまで、風邪なんか吹っ飛びました。






2月の頒布会のケーキとバレンタインデーの商品を
ホームページにUPしました!
今年は特に、チョコレートケーキに力を入れました。
皆さまのお気持ちの代りに、心を込めてお作りします。



オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp
[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2016-02-01 01:50 | いただきもの