<   2016年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

one-day trip in 東京① 築地「大和寿司」part2

築地「大和寿司」の続きです。

f0313330_0223250.jpg

「玉子」と「中トロ」

口休め的な「玉子」は、江戸前の甘い玉子焼きでシャリなし。

待ってました! 「中トロ」のこの身の厚さ!
濃厚な味に、う~んと唸る。






f0313330_028063.jpg

「穴子」

「おまかせ」の最後は、お江戸で採れた「アナゴ」
身はふんわりとして、香ばしい。
関西にももちろん「穴子」はあるけれど、東京で出てくるのとは同じ「穴子の握り」とは
思えないネタのひとつ。


以上が、おまかせの9貫。
もちろん、この後はお好みで握ってもらいますよ~。






f0313330_0331398.jpg

「あじ」

東京で食べるべきネタのひとつは、青魚系の「あじ」や「さんま」だと思います。
私は江戸前寿司で、青魚のおいしさに目覚めました。
前から申し上げておりますように、東京のマグロはとにかく別格の旨さですが、
それに匹敵するおいしさだと思います。

今が旬で、板さんもおすすめ。脂がのって、とろけるおいしさ♥







f0313330_0415586.jpg

「活けトリ貝」

これも板さんおすすめの今が旬。
シャリの上のトリ貝がまだ動いてますよ~。コリコリとして、磯の香が広がります。








f0313330_0472490.jpg

「鯛」

板さんに勧められたけど、「鯛」なんて関西でも食べられると思い、私は注文しなかったんだけど、
©が「旨い!食べたほうがいいよ。」というので、私も注文。←いやしい。
これが、ホントびっくり!

身は甘く、皮が香ばしくて、サクサク。 こんなおいしい「鯛」の握りを食べたことない。







f0313330_053697.jpg

「雲丹」

最初の「雲丹」がおいしかったらしく、©がリピート。
すると、板さんが別の産地ものを握ってくれました。盛りも良いですね~。







f0313330_0571187.jpg

「煮はまぐり」

そして、江戸前寿司といえば、これ!「煮はまぐり」!
むっちりした身とハマグリの甘さ。 江戸前にしかない美味ですね。







f0313330_1242390.jpg

「大トロ」

ここまで結構食べたけど、もう当分来ることもないので、最後を締めようということで、
やっぱり、「大トロ」を再注文。
おいしすぎて、泣けてくる。 お名残惜しゅうございます。



なぜ、東京のマグロと関西のマグロはこんなに味が違うのか。。。。。
もっと言えば、なぜ、江戸前寿司と関西の寿司はこんなに違うのか。。。。。

みなさんも、東京に行かれたら、ぜひ江戸前寿司を!
その味の差に、きっと「愕然。。。」とされることでしょう。



以上、念願の「大和寿司」でした。
行列を見て、並ぶか迷ったけど、やっぱり並んででも食べてよかったと思いました。






オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

オーレリーの「最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp

[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2016-05-18 01:31 | 旅行

one-day trip in 東京① 築地「大和寿司」part1

f0313330_231165.jpg

築地 「大和寿司」

先日、約10年ぶりに東京へ行ってきました!と言っても、「日帰り」。
朝イチの「のぞみ」に乗って、東京に着いたのが8時半。
そして、向ったのが「築地市場」

「築地市場」と言えば、「江戸前寿司」。
その中でも、2大行列店のひとつ 「大和寿司」、2軒隣がもう一つの「寿司大」です。
初めて行ったのは15年程前ですが、そのあまりのおいしさに衝撃を受け、それ以来
東京に行く時はなるべく築地の近くに宿泊して、毎朝2軒づつ食べ歩くという、
楽しい修業(何の?)の結果、当時の築地場内のお寿司屋さんをほぼ制覇。
それぐらい、東京の寿司というか、江戸前の寿司は素晴らしい。


最近は並んでいるほとんどの人が外国人と言う話だったけど、ホントそうでした。
でも、思ったほど並んでなかったので、私達も並びました。
並ぶのが嫌いな私達が並ぶのは、ここと北京の「秋栗香」だけ。
でも、築地は今年で移転してしまうし、最後だからやっぱり食べたいなって。
そして、約40分後に入店。

職人さん 「長いこと、待たせちゃってごめんなさいね」と、江戸っ子のお出迎え。
10席程の小さなカウンターで荷物を置くところもありませんよ。
椅子に座るまでに、「おまかせで!」(¥3900?)とご注文~。
いよいよ、10年間夢見た「江戸前寿司」です。 

それでは、築地場内「大和寿司」、じっくりと どうぞ~。







f0313330_23322547.jpg

1貫目の「大トロ」

ジャジャ~ン!どうよ!このインパクト。
「おまかせ」の1貫目の「大トロ」でノックアウト。

ネタに煮詰めが塗ってあるので、お醤油はつけません。では、いただきます!
って、もちろん、おいしいに決まってる!
「とろける~。」とは、このこと!

東京のお寿司と関西のお寿司の何が違うって、「まぐろ」が違うんだよね。
なんで、こんなに東京のまぐろはおいしいのか?







f0313330_23382947.jpg

2貫目の「墨イカ」

こりこり、さくさくした食感。







f0313330_23461976.jpg

3貫目の「車えび」と4貫目の「雲丹」

雲丹はちょっと水っぽく見えるけど、お味は濃厚。
う~ん、おいしいっ。







f0313330_23494512.jpg

5貫目は巻き物で、「まぐろ」と「いくら」の2種類。

「まぐろ」も「いくら」ももちろん美味しいけど、この海苔がさすがの風味。








f0313330_23522771.jpg

6貫目の「カンパチ」

京都では、おいしいものにまずお目にかかれない「カンパチ」も、ここではケタ違いのおいしさ。



つづく。







5月の頒布会をホームページにUPしました!
「母の日」の贈り物もご案内しています。

また、
GW中、「オマッジオ」さんで、
数種類ですが生ケーキを販売します。





「オマッジオ」さんでの販売時間   <数量限定>

5月3日(火)~8日(日)  午後12時~2時半
                 午後6時~8時 
                    *5月6日(金)は午後6時からのみ販売





オーレリーのホームページは aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp


[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2016-05-01 00:25 | 旅行