<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2016北京④ 1日目夜「新疆飯庄」

f0313330_17193017.jpg

ずいぶん間が空いてしまいましたが、北京旅行記の続きです。

1日目の夜は、©の友人で北京に留学中のVさんとお食事会です。

私たちの指定は、 「烏魯木斉市駐京弁ー新疆飯庄」

「烏魯木斉市駐京弁」とは
ウルムチ市の、日本で言うところの「東京・永田町にある京都府事務所」のような所で、
その中にあるご当地料理レストランで、「ウルムチ料理」がいただけます。
北京でも大人気のレストランで予約しないと食べられません。

前回、ものすご^~く美味しくて、日本でもずっと「行きた~い。」と熱望していた
お店のひとつです。






f0313330_1783294.jpg

「新疆ヨーグルト」

ヨーグルトの中には、ドライフルーツやナッツが入っていて、甘くて、とても濃厚で、
メッチャおいしい。何杯でも食べたい。

ここは、イスラム料理屋さんといってもお酒を置いていますが、元々お酒を飲まない宗教なので
このヨーグルトがポピュラーな飲み物であり、スープであったり、ソースになったりするそうです。





f0313330_1729623.jpg

「仔羊のスペアリブ」

ムスリム料理と言えば、「羊肉」。
内モンゴルの仔羊のスペアリブをしっくり焼いて、塩コショウをかけたもの。
コレ、コレ。 どんだけ、日本で食べたかったか。泣

ミルクの味すら感じられるお肉の旨味と脂身のおいしさと言ったら、
今まで食べていた羊肉は一体なんだったの?と思うほど、衝撃的なうまさです。
©は、ビールと一緒に大満足!




f0313330_1738621.jpg

f0313330_17365574.jpg

「羊のモモとアキレス腱の串焼き」

これも、またチョ~美味で、絶対はずせません。
「モモ」は、柔らかく、クミンなどのイスラムスパイスがかかっていて、何本も食べられる~。
「アキレス腱」は、コリコリとして、軟骨のようです。





f0313330_1742520.jpg

「蕨の和え物」

春雨のような蕨と野菜を黒酢の三杯酢で和えたもの。
さっぱりしていますが、私はもっと酸っぱいのが好き。





f0313330_22132975.jpg

「キャベツと赤唐辛子の和え物」

これは、酸味がきいて、おいしい。




f0313330_2216484.jpg

「ポロ」

これも、イスラム料理の定番ですね。
小さくカットされた羊肉と、人参が入ったピラフ。(炒飯ではありません)
シンプルですが、昔ながらの濃い味で甘い北京の人参がおいしいです。
ウイグルの人は、先ほどのヨーグルトをカレーのようにかけて食べるそうです。





f0313330_22234938.jpg

「ラグメン」

細かくカットした羊肉、トマト、ピーマン、タマネギなどをスパイスで炒めたものを手打ち麺にかけたもの。
この手打ち麺が、またおいしいのなんのって。
「パスタ」の原型といわれるように、まるでイタリア料理の「ポモドーロ」のようです。
見た目はソースが薄そうに見えますが、食べてみると、ビックリ。
サッパリしているのに、しっかり「トマト」や「野菜」の味がしていて、すごく美味しいのです。
©が、大ファンになったものの一つです。




以上、5年間念願だった、ウイグルの羊料理を堪能しました。
書いていたら、また食べたくなってきた~。
前回はもっと色々食べたので、また今度アップしたいと思います。





10月の頒布会のケーキをUPしました!
毎年大好評の「いちじくのタルト」です。



オーレリーのホームページは、aurelie-japon.com
 
「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp








[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2016-10-02 22:51 | 北京旅行記