<   2018年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2017 ソウル⑤ 2日目の晩ご飯&いつもの「ピンデトッ」

韓国旅行記の続きです。




2日目、遅めのお昼ご飯「スジョン食堂」で大満足した私達は、
一旦明洞に帰り夜ごはんに備えて、お昼寝タイム。



ソウルには、ほぼ「食べること」目的で来てるから、(って、どこでもだけど。笑)
それ以外にすることが余りありません。

買い物も、「市場」で「キムチ」とか、スーパーで「調味料」とか。
ブラブラしてる道端で、気になるものがあれば、ちょっと寄ってみたりするぐらい。

なので、食べる⇔飲む⇔寝るの無限ループ。




お昼寝から目覚めたら、あら、もう晩ご飯の時間だ。
さて、今日の晩ご飯は、、、、












f0313330_22594109.jpg



「河南デジチッ」の「サムギョプサル」



ここは鉄板ではなくて、石でできたプレートで焼いて食べるそうです。



©が「サムギョプサル Love」なので、ソウルでは晩ご飯は大抵「サムギョプサル」になってしまいます。
でも、韓国の「サムギョプサル」、本当においしいよね。


何でも人気店らしいので早めに行ってみたら、まだ全然お客さんはいなくて無事入店。
でも、帰る頃には満席でしたよ。
スタッフは、みんな「若いお兄さん」で、特にお世話してくれた人がとっても愛想のいい人でした。












f0313330_22593187.jpg



©は、お目覚めの「韓国ビール」
手前の2つの白いモノは「おしぼり」です。















f0313330_22592671.jpg


「パンチャン」



「白菜のキムチ」「ミョンイ・ナムル」「チョレギ」「ニンニク」「お肉につけるお味噌」。

「パンチャン」というよりも、お肉を食べるための薬味ですね。













f0313330_22594574.jpg



どうですか、このビジュアル。
見てるだけで、今すぐ食べたい!



親切なお兄さんが、「キムチもこうして焼くとおいしいよ。」って(多分そう言ってたと思う。笑)
お肉を焼いてる石の上に、キムチをのせてくれました。
豚肉の香ばしい匂いとキムチの焼ける匂い、たまりませ~ん。






では、いただきます!
お肉を焼いたキムチに巻いたり、ニラとニンニクで食べたり、

「もう~、やっぱりサムギョプサル最高~!」

って、なります。













f0313330_22595284.jpg


「ミョンイ・ナムル」



「行者ニンニクの葉」をほのかに甘酸っぱいタレにつけたもので、
これにサムギョプサルを包んで食べるのが流行りだそうです。




これが、お肉の油をさっぱりさせて、おいしい~♥
女子に受けるのが分かる。




でも、©は「サムギョプサルは、塩とごま油で食べるのが1番!」だそうです。

私もその意見に1票!
でも、韓国の人はいつも「サムギョプサル」食べているから、
いつもいつも新しい食べ方がでてくるんだろうね。
でも、これも本当においしい。




あまりにも、「おいしい」を連発していたら、お世話係の愛想のいいお兄さんがお替わりをくれました。
「ミョンイ・ナムル」は別料金のお店もある位で、あまりお替わりをくれないらしいのですが、
この時は、山のような「ミョンイ・ナムル」をもってきてくれました。
これじゃあ、お肉が足りません。笑













f0313330_22595617.jpg

f0313330_22595994.jpg


「ハンジョンサル」


ということで、お約束の追加のお肉。
気が済むまで、食べるぞ~!




「ハンジョンサル」は、希少部位の「首筋」のところ。
薄いピンク色が特徴で、一見硬そうですが、食べてみると柔らかくて、「じゅわ~」とジューシーで、

「なんじゃ、これ? めっちゃ、おいしいやん。」





ちなみに、昨日の晩ご飯のお店でも1番気に入ったのが「ハンジョンサル」でした。
今、凄く人気の部位ということで、どのテーブルでも食べてましたよ。












f0313330_23000350.jpg


「ムルネンミョン」


〆は、「冷麺」。
冷麺のスープが、シャリシャリのかき氷状になっていました。
さっぱりおいしくいただきました!












f0313330_00013019.jpg


カンジャン市場の「ピンデトッ」




食後は、やはりここに行かなきゃね。ソウル最後の夜だもん。


「ピンデトッ」は、緑豆をすりつぶして、モヤシを入れて、たっぷりの油で揚げ焼きにしたもの。
たったこれだけなのに、何でこんなにおいしいんだろう?












f0313330_23594962.jpg


「マッコリ」



韓国では、料理に合わせた定番のお酒があるらしく、「ピンデトッにはマッコリ」らしい。

「ピンデトッ」と「マッコリ」で¥700位。



コーヒー(1杯¥500?!)と、飲み屋さん(お酒)がべらぼうに高い韓国で、
この値段で飲めると言うことで、当然いつ行っても超超超満員で、相席当たりまえ。
でも、活気があって楽しいし、おいしいし、ついつい行ってしまうのでした。





つづく。





11月の頒布会のケーキをUPしました!





オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp



オーレリーのインスタグラム ⇒ https://www.instagram.com/aurelie.kyoto/



















[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2018-10-31 17:21 | ソウル旅行記

2018 香港④ 2日目の朝・昼 「深水ポー」で遊ぶ







香港旅行記のつづきです。





f0313330_13070977.jpg



f0313330_13240800.jpg



「深水ポー」



世界一安いミシュラン店で朝ご飯を終えた私達は、「添好運」がある「深水ポー」をブラブラ散策しました。

「深水ポー」はこんな感じの街。
雑貨の屋台や市場もあって、とっても賑わっていますが、
中心エリアの繁華街からは離れていて、地元の方が多いので何となくのんびりムードです。

私達が初めて香港に行った頃は、ここは「電脳街」と呼ばれていて、
PCや電気関係の専門店が集まっていたんだけど、今はどうなんだろ?












f0313330_13082823.jpg


「坤記竹昇麺」



ブラブラしていたのは目的があって、「深水ポー」にあるこの麺屋さんにランチに行くこと。
30分前に点心を食べたばかりだけど。笑

でも、きっと私達なら「添好運」だけじゃお腹いっぱいにならないだろうと思って
予定していたんだよね。
ここは、香港では珍しい「手打ち麺」が食べられる麺屋さんだそうです。











f0313330_13083233.jpg

「蝦仔雲吞撈麺」



ここの名物です!

スープで湯がいた「和え麺」のことを「撈麺」といって、
その麺に干したエビの卵「蝦仔」をたっぷりかけたもので、がっつり麺と混ぜて食べます。
香港では、このような「汁なし麺」を注文すると、スープは別についてきます。
©は、この「蝦仔撈麺」が大好き!










f0313330_13083870.jpg

「かた焼きソバ」



私が注文したのは、もう一つの名物、
手打ち麺を湯がいてから、かた焼きにして、豚肉と細く切ったタケノコを炒めたあんをかけたもの。

これが、大・大・大ヒット!!!
めちゃくちゃおいしい。なんじゃ、これ!





香港の麺は、かん水を多く使った「ガシガシのゴムのような麺」で日本にはない麺ですが、
ココのは「手打ち」と言うこともあって、もちもちしています。
ただ、この麺、すごいボリュームなのです。
香港の麺料理は量が少ないので、朝ごはん後でも大丈夫だろうと侮っていました。


このお店、
お店の方も、ものすっっっごい笑顔で親切で、香港らしくなくて(笑)、びっくり!

香港では、「笑顔の接客」は求めてはいけません。(笑)
こんなお店、香港にもあるんだ。




絶対、また来るね~!












f0313330_13072286.jpg

茶餐廳の奶茶」



怒涛の朝ごはん・昼ごはんをいただいた後も、「深水ポー」散歩が楽しくて、
市場や屋台をのぞいたりしながらブラブラ。


食べ疲れたから、お茶でもする? ←!!!
と言うことで、香港カフェの茶餐廳」で休憩です。




注文した、奶茶ミルクティ」
香港のミルクティは濃くておいしいのです。
可愛いカップも、正当な茶餐廳でお決まりの。












f0313330_13074546.jpg



飲んだ後もかわいい。














f0313330_13073065.jpg

「香港式フレンチトースト」



フレンチトーストに、ハチミツとバターをかけて食べます。
甘くておいしい。










f0313330_13072585.jpg


「トリュフ入りスクランブルエッグとハムがのったトースト」



普通のスクランブルエッグを注文したんだけど伝わらくて、(って、メニュー指さしですけど。笑)
これがきた。 

私達は「トリュフ」があんまり・・・なんだけど、好きな人にはたまんないかも。
それに、すっごい安いしね。日本じゃ考えられない。




このお店もすごく流行っていたけど、地元の方ばっかりで、なんだか落ち着ける。
(って、もちろん、相席だけど。笑)









意外と楽しくておいしかった「深水ポー」、のんびりと半日を過ごしました。


つづく。






<お知らせ>

ケーキのお渡しをお願いしていた「オマッジオ」さんが、
10月15日(月)を持って閉店されます。
今後のお渡しは、「発送」・「配達」・「お待合わせ」のみとなります。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
                 aurelie-japon.com/

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。







10月の頒布会のケーキをUPしました!





オーレリーのホームページは、 aurelie-japon.com

「オーレリーの最新菓子事情」は、 aurelie.exblog.jp



オーレリーのインスタグラム ⇒ https://www.instagram.com/aurelie.kyoto/














[PR]

by aurelie_kyoto2 | 2018-10-01 00:13 | 香港旅行記