人気ブログランキング |

タグ:フルーツ ( 4 ) タグの人気記事

オーレリーの「マンゴー・プリン」がおいしい理由

オーレリーの夏の大定番デザートと言えば、、、、


「mangue」!!!



日本語で、「マンゴープリン」

広東語では、「芒果布甸」


のこと。




この夏、この「mangue」が復活しました! 
(HPでは、わかりやすく「マンゴー・プリン」になっています。)




では何故、「オーレリーのマンゴープリンはおいしいのか?」
それは、







f0313330_23171396.jpg

許留山の「楊枝甘露」

f0313330_23173064.jpg

許留山の「楊枝甘露」のスムージ版

f0313330_0171797.jpg

許留山の「芒果布甸ココナッツゼリーのせ」

f0313330_23174683.jpg

鏞記酒家の「芒果布甸」

f0313330_2318111.jpg

何処だろう?「楊枝甘露」

f0313330_23202450.jpg

満福楼の「楊枝甘露」



そう!
20年近く前から、香港の本物「芒果布甸」や「楊枝甘露」を食べているからなのだ!

ちなみに、私達のお気に入りは、「芒果布甸マンゴープリン」より、断然「楊枝甘露」!!!
だから、写真が「楊枝甘露」ばっかり。


「楊枝甘露・ヨンジーガムロ」は、言ってみれば、
タピオカやポメロー(グレープフルーツに似たフルーツ)が入っている「マンゴーのスープ」。
これが、マンゴープリンなんかよりも、濃厚でリッチで格段に上。



おススメというか、私達が№1だと思うのは、一番下の写真の「満福楼」のもの。

「満福楼」は、湾仔ワンチャイのルネッサンス・ハーバービューホテルにあるレストラン。
ここは、お気に入りの店で色々おいしい料理があるんだけど(詳しくは、又後ほど)、
1番おいしいのが、この「楊枝甘露」。
ここの「楊枝甘露」を初めて食べた時は、あまりのおいしさにのけぞりました。


と言う事で、オーレリーの「mangue」がおいしいのは、

その「楊枝甘露」のおいしさを皆さんに食べていただきたくて、
なんとかお持ち帰れるように作った、「マンゴープリン」だからなのです。
ぜひ、一度お召上がり下さいませ。





今月の頒布会のケーキをUPしました!
もちろん、「マンゴー・プリン」も登場です。



オーレリーのホームページは、 aurelie-japon

「オーレリーの最新菓子事情」は、aurelie.exblog.jp

by aurelie_kyoto2 | 2015-06-04 00:22 | 香港料理 in 香港

2013台北⑯ 3日目 「マンゴー・チャチャ」

おいしい「炒米粉」を食べて、ご機嫌な私達。

さて、
ここに来た目的である「からすみ」を買いに行こうと歩きだした途端に
近くに1年中マンゴーが食べられるデザート屋さんがあることを思い出して、またまた寄り道。
一体どんだけ食べるんだって言う・・・・。

日本人が台湾で食べるスィーツに於いて、マンゴーはテッパンでしょう。
しかし残念ながら、私達が台湾に行く時はマンゴーの季節ではないため、食べたことなーし。

このお店は、そんなマンゴーを美味しい時期に収穫して、急速冷凍しているので、
一年中おいしいマンゴーが食べられるって言うのがウリらしい。
と言うことで、向ったのが、「MANGO CHA CHA」-マンゴー・チャチャ。
つい最近、東京にもできたらしい。


f0313330_13321396.jpg

生マンゴーの上に、マンゴーのシャーベットと果肉が入ったアイスのパフェ。
上にのっているハートは「ラムネ」だったような・・。

メニューによると、これはカップル向きだということで、
おっちゃんおばちゃんカップルも注文しました。




f0313330_13363897.jpg

もう一つ注文したのは、黒糖みつのかき氷の上に、マンゴーがのったもの。




以上、感想は・・・・・・、「う~ん。」でした。
これなら、香港の「許留山」でもいいかな?




マンゴーのネタがでたところで、今度の「季節のバトン・フロマージュ」は、

mango マンゴー です!





オーレリーのホームページは、 こちら


「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら

by aurelie_kyoto2 | 2014-05-29 01:18 | 台北旅行記

煮たお豆さんと紅まどんな

f0313330_143650.jpg


お客様のHRさんから、「お手製の煮豆」と「紅まどんな」をいただきました。

HRさんの「煮豆」は、何度も頂いたことがあるのですが、
「料亭かっ!」というほどのレベルで、デパートの総菜なんて足元にも及びません。
つやつやでふっくらと炊けていて、上品な甘さの味付けと絶妙な食感。
食事時に食べるのがもったいなくて、いつも「和菓子」としておやつにいただいております。


f0313330_055910.jpg

f0313330_1243454.jpg


そして、「紅まどんな」。 

これもいつもいただくのですが、新種みかんで、超高級フルーツです。(今日、大丸で1個¥1200!)
大きさはグレープフルーツのような大型みかんで、皮をむいて、中の薄皮は剥かずにそのまま食べるのです。 特徴は、甘味が強くて、とろ~んとしているところ。
果汁が多いのにしたたり落ちないで果肉の中にキープしていて、それがゼリーのような食感を生んでいます。
12月がシーズンらしく、いつもこの時期にいただきます。

どちらもおいしくいただきました! ごちそうさまでした。
それにしても、ウチのお客様はおいしいものをよくご存じです。



オーレリーのホームページは、 こちら
「オーレリーの最新菓子事情」は、 こちら

by aurelie_kyoto2 | 2013-12-11 00:53 | いただきもの

マンゴーより、コレ。

f0313330_0354293.jpg


食べる度に、「オーレリーのお客様に食べさせてあげたい!」と、ホントに思うフルーツがあります。

それが、「鳳梨釈迦頭」

写真の右上、アメリカンチェリーの上にある、赤い座布団の上に鎮座するサボテンのような物体。


これをフルーツ屋台のおっちゃんが食べやすく剥いてくれたものが、コチラ↓


f0313330_0495463.jpg



これがもう、何と言うか、

ライチとモモと梨とパイナップルとミルクと色々、混ぜ合わせた濃密で複雑かつ魅惑的なお味!で

そりゃもう、うっーーーとりなんです。 マンゴーより、はるかにゴージャスなお味。

台湾では、別名「ミルクパイン」とも呼ばれているそうです。

高級フルーツなので、注文すると屋台のおっちゃんが満面の笑みで接客してくれます。(笑)

といっても、1つ大体700~900円位。

日本ではめったに食べられませんから、台湾に行かれたら、ぜひぜひ。



「オーレリーの最新菓子事情」はコチラ →        

by aurelie_kyoto2 | 2013-11-12 01:06 | 台北